« 演唱会 | トップページ | マックのおもちゃ »

2003/12/02

続・ドラマねた

先日古いNHKのドラマねたが出ましたので、もうひとつNHKのドラマのお話を。
  
これも10年近く前のドラマになりますが、山崎豊子原作の「大地の子」をご覧になった方も多いと思います。(ついこないだも再放送されていましたね。)
  
あらすじは、中国に残された残留孤児が成長して、仕事上でかかわった相手がほんとの日本人の父親だった・・・というものですが、あのドラマには何度も泣かされました。
  
なんといっても主人公・陸一心の中国の父親・陸徳志役を演じた「朱旭」という中国の俳優の名演技ですね。
実の子ではない子供をあれほどまでにいつくしむことができるのか・・・あれほどまでに犠牲を払うことができるのか・・・そんな父親愛を朱旭さんの演技で120%表現されていました。
  
それに一心の奥さん・江月梅役で出演していた「蒋文麗」(文は雨かんむりつき)のひたむきに夫を支える姿の表現がすばらしかったと思います。あのちょっとハスキーな声が好きなんだよなぁ・・・
  
この原作が書かれた当時(わたしが北京駐在を始めたころ)は、まだまだ情報の規制がされていたころでしたが、当時の共産党総書記・胡耀邦が山崎豊子にありのままを書くことを許可したというのは有名な話ですね。
  
このドラマ、NHKと中国中央電視台の共同制作で、中国でも放送される予定だったようですが、結局中国では放送されなかったようです。
過去は過去として次の世代を担う両国民に広く見てもらいたいドラマだと思うんですが。。。
  
※ 最近DVDが発売されました。興味のある方はこちらをどーぞ。

|

« 演唱会 | トップページ | マックのおもちゃ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続・ドラマねた:

« 演唱会 | トップページ | マックのおもちゃ »