« 戦場に咲く花 Part2 | トップページ | 立春 »

2004/02/03

のりラッカー&のりスケット


また怪しい日本語のお菓子を見つけてしまいました。
  
その名も「のりラッカー」と「のりスケット」。

正体は生地に海苔を練りこんで焼いたクラッカーで、「のりラッカー」のほうはそれを普通に焼いたもの、「のりスケット」のほうは2枚のクラッカーの間にチーズクリームをはさんだものでした。

箱の写真にあるようにのりが直接挟まっていたり、チーズそのものがはみ出すように挟まっているというものではありませぬ。
ま、まずくはないけど、海苔の風味がするわけでなく、ほんとにところどころに緑色のものがあるなぁ・・・てな感じ。
  
しかし、こんなにでかでかとひらがなとカタカナで書くことで、消費者へのインパクトはあるのでしょうか??
ま、ここに2箱買ってしまった日本人がいるわけで、これってもしかして思うツボ?
  
あ、ちなみに11月27日の日記に登場したクラッカーと同じメーカーの製品です。
  
でも、ラッカーはないよな、ラッカーは・・・。塗料じゃないんだからさ・・・。

|

« 戦場に咲く花 Part2 | トップページ | 立春 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: のりラッカー&のりスケット:

« 戦場に咲く花 Part2 | トップページ | 立春 »