« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »

2004/02/29

日記の移行

どんより曇った広州の日曜日の夕方です。

さて、去年11月から、日ごろ音信不通で失礼ばかりの皆様へのご報告の手段としてはじめた「今日のがめきゅう社長」のコーナーですが、今日をもってココログ版に移行します。
スタート当初はこういった日記の習慣がなかったため、どうなることか、続けることができるのか、と思っていましたが、程なく3人で始めた「日記ばとる」勝負のおかげで習慣とすることができ、こうして続けることができました。
バトルのお相手をしていただいた、はいぱさんくばたんさんにはここでお礼申し上げます。

去年一年間を振り返って10大ニュースを発表したのも楽しかったですが、一番面白かったのは「ばとる3人」で谷中に行き、同じ画像を貼り付けた12月27日の日記でしょうか。
  
何はともあれ、これからも広州からの日記を続けていきたいと思っていますので、こちらココログ版「Kyogame(今日のがめきゅう社長)」もなにとぞごひいきに!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日記ページの移行

どんより曇った広州の日曜日の夕方です。

さて、去年11月から、日ごろ音信不通で失礼ばかりの皆様へのご報告の手段としてはじめた「今日のがめきゅう社長」のコーナーですが、今日のこの日記をもってココログ版に移行します。
  
スタート当初はこういった日記の習慣がなかったため、どうなることか、続けることができるのか、と思っていましたが、程なく3人で始めた「日記ばとる」勝負のおかげで習慣とすることができ、こうして続けることができました。
バトルのお相手をしていただいた、はいぱさん、くばたんさんにはここでお礼申し上げます。

去年一年間を振り返って10大ニュースを発表したのも楽しかったですが、一番面白かったのは「ばとる3人」で谷中に行き、同じ画像を貼り付けた12月27日の日記でしょうか。
  
何はともあれ、これからも広州からの日記を続けていきたいと思っていますので、ココログ版「Kyogame(今日のがめきゅう社長)」もなにとぞごひいきに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/28

JASの国際線、あと1ヶ月(後半)


(前半から続く)

続いて14:01に成田からのJD827/JL603便が予定より10分ほど早く到着。
こちらはJASのオリジナル塗装の機材(JA014D)で、同様に後ろに小さく「JAL」と書いてあります。

思えば、2年ほど前から中国出張が多くなり、JASの上海線にもよく乗りましたし、広州に来てからもJASのお世話になってきました。
上海線、広州線のようにJALが運航を引き継ぐ路線はいいのですが、昆明線は中国東方航空とのコードシェア便のみになり、西安線にいたっては北京乗り継ぎのみなってしまい、日系航空会社の直行便はなくなってしまいます。

JASが一生懸命育てた路線が一気にリストラされてしまい、あと1ヶ月でJASの翼が中国の空から姿を消してしまうのはどことなく寂しいですね。

このA300型機は日本の国内線用に改装されて日本国内を飛ぶことになるのでしょうが、中国の景色を忘れずにがんばってほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JASの国際線、あと1ヶ月(前半)


JALとJASの合併も最終段階を迎えていて、3月いっぱいでJASの国際線の運航が終了します。

JASの国際線定期便は昭和63年の関空=ソウル線が最初だそうですが、中国路線の最初は、ここ広州と関空を結ぶ路線でした。平成7年10月からですのでかれこれ8年半の歴史があるわけです。

で、この4月からは広州線はすべてJALの運航に引き継がれ、飛行機の機材もJASのエアバスA300型からJALのボーイング767型に変わります。

ということで、今日はお名残りの撮影に空港へ。

まずは13:14に関空からのJD481/JL605便が到着。
すでにJALの新塗装になった機材(JA016D)で、胴体の後ろの方に小さく「JAS」と書いてあります。

(後半に続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JASの国際線、あと1ヶ月

JALとJASの合併も最終段階を迎えていて、3月いっぱいでJASの国際線の運航が終了します。
JASの国際線定期便は昭和63年の関空=ソウル線が最初だそうですが、中国路線の最初は、ここ広州と関空を結ぶ路線でした。平成7年10月からですのでかれこれ8年半の歴史があるわけです。
で、この4月からは広州線はすべてJALの運航に引き継がれ、飛行機の機材もJASのエアバスA300型からJALのボーイング767型に変わります。

ということで、今日はお名残りの撮影に空港へ。
まずは13:14に関空からのJD481/JL605便が到着。
すでにJALの新塗装になった機材(JA016D)で、胴体の後ろの方に小さく「JAS」と書いてあります。
jala300.jpg
続いて14:01に成田からのJD827/JL603便が予定より10分ほど早く到着。
こちらはJASのオリジナル塗装の機材(JA014D)で、同様に後ろに小さく「JAL」と書いてあります。
jasa300.jpg
思えば、2年ほど前から中国出張が多くなり、JASの上海線にもよく乗りましたし、広州に来てからもJASのお世話になってきました。
上海線、広州線のようにJALが運航を引き継ぐ路線はいいのですが、昆明線は中国東方航空とのコードシェア便のみになり、西安線にいたっては北京乗り継ぎのみなってしまい、日系航空会社の直行便はなくなってしまいます。
JASが一生懸命育てた路線が一気にリストラされてしまい、あと1ヶ月でJASの翼が中国の空から姿を消してしまうのはどことなく寂しいですね。
このA300型機は日本の国内線用に改装されて日本国内を飛ぶことになるのでしょうが、中国の景色を忘れずにがんばってほしいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004/02/27

今日のお昼は水餃子♪

広州は初夏を思わせる気候で歩いてると汗ばむくらいでした。
今日も外出先でお昼になったのですが、無性に餃子が食べたくなりました。
以前の日記にも書きましたが、広東ではあまり餃子・麺類・マントウなどを食べる習慣がなく、餃子が食べたくなったときは「北方料理」を看板に掲げるお店に行かなければなりません。
で、これが今日のメニュー・・・

家常土豆絲(ジャガイモ細切りとにんにくの炒め)、蕃茄蛋湯(トマト・卵スープ・・・香菜入り)、魚香肉絲(豚肉細切り・ピーマン・きくらげの唐辛子炒め)、黄瓜蛋餃(きゅうりのコマ切れと卵の餡の水餃子・・・肉なし)
これ以外に木須肉(豚肉と卵の炒め)と豚肉の水餃子を3人で食べて、もうおなかいっぱい・・・うまーい!
中華料理では高級な材料を駆使した料理や凝った作り方の料理の評価が高いですが、こういったまさに家庭で作られている料理が中華料理の基本だと思うのですよね。ほんとおいしい・・・
今日のマイダン(お会計)71元也。(=約900円)

おことわり
これはココログ版向けに書いた記事で、本来は画像が4枚あるのですが、こちらは画像が一枚しか張り込めないため、「黄瓜蛋餃」の画像だけを貼り付けます。
すべての画像はココログ版でご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のお昼は水餃子♪

広州は初夏を思わせる気候で歩いてると汗ばむくらいでした。
今日も外出先でお昼になったのですが、無性に餃子が食べたくなりました。
以前の日記にも書きましたが、広東ではあまり餃子・麺類・マントウなどを食べる習慣がなく、餃子が食べたくなったときは「北方料理」を看板に掲げるお店に行かなければなりません。
で、これが今日のメニュー・・・
heitiane1.jpgheitiane2.jpg
家常土豆絲(左=ジャガイモ細切りとにんにくの炒め)
蕃茄蛋湯(右=トマト・卵スープ・・・香菜入り)
heitiane3.jpgheitiane4.jpg
魚香肉絲(左=豚肉細切り・ピーマン・きくらげの唐辛子炒め)
黄瓜蛋餃(右=きゅうりのコマ切れと卵の餡の水餃子・・・肉なし)

これ以外に木須肉(豚肉と卵の炒め)と豚肉の水餃子を3人で食べて、もうおなかいっぱい・・・うまーい!
中華料理では高級な材料を駆使した料理や凝った作り方の料理の評価が高いですが、こういったまさに家庭で作られている料理が中華料理の基本だと思うのですよね。ほんとおいしい・・・
今日のマイダン(お会計)71元也。(=約900円)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004/02/26

新春宴会

日本のお正月からはかれこれ2ヶ月、中国の春節からも1ヶ月がたちましたが、今日は区の人民政府(ま、日本流に言えば区役所ですな)主催の新春祝賀宴会に出席してきました。
招待されているのは区内に会社がある外国企業の外国人・・・ということで、英語と日本語の通訳がつくというので行って来たのですが、延々と続くお役所のお歴々の挨拶はすべて広東語オンリー!
ながーい挨拶が続くこと約一時間の間、メシも食わせてもらえず、な〜んにもわからない演説を聴く羽目になりました。

外国企業といっても日本の企業のほかは韓国と台湾の企業がほとんどで、東洋人ばっかりですが、彼らも広東語がわかる人は少ないはず・・・せめて挨拶は「標準語」でやってもらいたいな・・・。
ま、料理はおいしかったから許そう・・・(笑)
duck.jpg
この料理はダックの水かきです。見た目はちょっとグロいですがうまいです。でも、カロリー高そう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新春宴会


日本のお正月からはかれこれ2ヶ月、中国の春節からも1ヶ月がたちましたが、今日は区の人民政府(ま、日本流に言えば区役所ですな)主催の新春祝賀宴会に出席してきました。

招待されているのは区内に会社がある外国企業の外国人・・・ということで、英語と日本語の通訳がつくということで行って来たのですが、延々と続くお役所のお歴々の挨拶はすべて広東語オンリー!
ながーい挨拶が続くこと約一時間の間、メシも食わせてもらえず、な~んにもわからない演説を聴く羽目になりました。

外国企業といっても日本の企業のほかは韓国と台湾の企業がほとんどで、東洋人ばっかりですが、彼らも広東語がわかる人は少ないはず・・・せめて挨拶は「標準語」でやってもらいたいな・・・。
  
ま、料理はおいしかったから許そう・・・(笑)
この料理はダックの水かきです。見た目はちょっとグロいですがうまいです。でも、カロリー高そう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/25

中国の携帯電話

通信手段としてなくてはならないものとなった携帯電話。中国でもここ数年で爆発的に普及しています。

中国では一般家庭への固定電話は加入料金の高さなどからあまり普及しなかったようですが、その分携帯の普及が早かったような気がします。

中国ではまずは携帯の端末機を買い、SIMカードと呼ばれるICチップの埋め込まれたカードを買います。このチップに固有の電話番号が入っており、このカードを交換すれば電話機が変わっても同じ電話番号を使うことができます。

また、相手先の電話番号などを記憶するのはこのカードか電話機本体かを選べるようになっていて、カードの中に電話番号を蓄積しておけばこれまた電話機が変わっても登録してあった相手先はそのまま呼び出せます。

メールも送受信可能ですが、日本で言うショートメールで漢字40文字を打つことができます。

漢字の入力方法は発音記号で変換する方法が主流ですが、漢字の書き順で入力することができます。たとえば「木」と言う字を入れる場合、「横棒」「縦棒」「左払い」「点」の順にキーを打ち込みます。

写真ではちょっと見にくいですが、1=横棒、2=縦棒、3=左払い、4=点、5=カギ が割り当てられており、この5つを書き順どおりに入れていくことで漢字が特定されるようになっています。
当然書き順を間違えるとでてこないのですが、日本と中国では
漢字の書き順が違うものがあり戸惑うことも多いですが・・・。

今使っているのはこの電話で韓国のSAMSUNGの天津工場製です。画面が大きくて結構使いやすいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国の携帯電話

通信手段としてなくてはならないものとなった携帯電話。中国でもここ数年で爆発的に普及しています。中国では一般家庭への固定電話は加入料金の高さなどからあまり普及しなかったようですが、その分携帯の普及が早かったような気がします。
中国ではまずは携帯の端末機を買い、SIMカードと呼ばれるICチップの埋め込まれたカードを買います。このチップに固有の電話番号が入っており、このカードを交換すれば電話機が変わっても同じ電話番号を使うことができます。
また、相手先の電話番号などを記憶するのはこのカードか電話機本体かを選べるようになっていて、カードの中に電話番号を蓄積しておけばこれまた電話機が変わっても登録してあった相手先はそのまま呼び出せます。

メールも送受信可能ですが、日本で言うショートメールで漢字40文字を打つことができます。
漢字の入力方法は発音記号で変換する方法が主流ですが、漢字の書き順で入力することができます。たとえば「木」と言う字を入れる場合、「横棒」「縦棒」「左払い」「点」の順にキーを打ち込みます。
写真ではちょっと見にくいですが、1=横棒、2=縦棒、3=左払い、4=点、5=カギが割り当てられており、この5つを書き順どおりに入れていくことで漢字が特定されるようになっています。当然書き順を間違えるとでてこないのですが、日本と中国では漢字の書き順が違うものがあり戸惑うことも多いです・・・。
keitai1.jpg keitai2.jpg keitai3.jpg
今使っているのはこの電話で韓国のSAMSUNGの天津工場製です。画面が大きくて結構使 いやすいですよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/02/24

佛山にて


きょうは仕事で広州のすぐ西となりの町「佛山」へ行ってきました。高速道路で約30分の位置にあります。

佛山の名前は、今をさかのぼること1400年前、光りを放っている小高い山を掘ってみたところ中から三体の仏像が発見された・・・と言う故事に由来するとか。ま、そのまんまやん!と言う感じではありますね。

佛山は古くから栄えた町で陶磁器でも有名ですが、近年は工業都市としても発展しています。気のせいか電球工場がたくさん目に付きました。

ちょうどお昼になったので佛山で食事をしたのですが珍しいスープを飲みました。
この黒っぽいスープは豚足を煮出してとったもので、なんとなく薬膳のような味で、身体によさそう・・・もしかしたらやせるかも。(笑)

中国では簡体字と呼ばれる大胆な略字が使われていて、日本の漢字とはずいぶんかけ離れたものもあり、「機」の字は「机」と書きますが、この「仏」と言う字は中国では簡体字にならずに「佛」の字を使っていて、日本語の漢字のほうが字画が少ないという珍しい例ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佛山にて

きょうは仕事で広州のすぐ西となりの町「佛山」へ行ってきました。高速道路で約30分の位置にあります。
佛山の名前は、今をさかのぼること1400年前、光りを放っている小高い山を掘ってみたところ中から三体の仏像が発見された・・・と言う故事に由来するとか。ま、そのまんまやん!と言う感じではありますね。

佛山は古くから栄えた町で陶磁器でも有名ですが、近年は工業都市としても発展しています。気のせいか電球工場がたくさん目に付きました。

ちょうどお昼になったので佛山で食事をしたのですが珍しいスープを飲みました。
この黒っぽいスープは豚足を煮出してとったもので、右がスープの中身。なんとなく薬膳のような味で、身体によさそう・・・もしかしたらやせるかも。(笑)
soup.jpg soup2.jpg
中国では簡体字と呼ばれる大胆な略字が使われていて、日本の漢字とはずいぶんかけ離れたものもあり、「機」の字は「机」と書きますが、この「仏」と言う字は中国では簡体字にならずに「佛」の字を使っていて、日本語の漢字のほうが字画が少ないという珍しい例ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/02/23

かっぱえびせん3種

日本を代表するスナック菓子とも言えるカルビーの「かっぱえびせん」は中国でも現地生産しており、街のスーパーなどで普通に買うことができます。
日本でもいろいろな味付けのものが出ていますが、こちらで売っているちょっと変わったフレーバーの「かっぱえびせん」をご紹介します。

まず一番左は「辣味紫菜(Spicy Seaweed)」で、唐辛子にのりの香りが効いたなかなかメリハリのある味です。辛みもそこそこあり私の一番のお気に入り。

真ん中は「焼[火考]味(BBQ)」ですが、BBQ味と言う割にはちょっと中途半端な味付けでイマイチかな。

右端は「鮮醤油味(Shoyu)」で、塩味の代わりにしょうゆ味になった・・・といえばわかってもらえるかな?これはなかなかおいしいです。

お値段はそれぞれ40g入りで3.40元ですから45円くらいですね。日本とおんなじくらいかな。
日本の食品メーカーは中国にたくさん進出しており、こちらでも日本の懐かしい味を楽しめるのはウレシイことですね。贅沢を言えば、和菓子が食べたいなぁ・・・ 

おことわり
これはココログ版向けに書いた記事で、本来は画像が3枚あるのですが、こちらは画像が一枚しか張り込めないため、「辣味紫菜」の画像だけを貼り付けます。
すべての画像はココログ版でご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かっぱえびせん3種

日本を代表するスナック菓子とも言えるカルビーの「かっぱえびせん」は中国でも現地生産しており、街のスーパーなどで普通に買うことができます。日本でもいろいろな味付けのものが出ていますが、こちらで売っているちょっと変わったフレーバーの「かっぱえびせん」をご紹介します。
まず一番左は「辣味紫菜(Spicy Seaweed)」で、唐辛子にのりの香りが効いたなかなかメリハリのある味です。辛みもそこそこあり私の一番のお気に入り。
真ん中は「焼[火考]味(BBQ)」ですが、BBQ味と言う割にはちょっと中途半端な味付けでイマイチかな。
右端は「鮮醤油味(Shoyu)」で、塩味の代わりにしょうゆ味になった・・・ といえばわかってもらえるかな?これはなかなかおいしいです。
お値段はそれぞれ40g入りで3.40元ですから45円くらいですね。日本とおんなじくらいかな。
kappaspicy.jpg kappabbq.jpg kappashoyu.jpg
日本の食品メーカーは中国にたくさん進出しており、こちらでも日本の懐かしい味を楽しめるのはウレシイことですね。贅沢を言えば、和菓子が食べたいなぁ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タイトル部分の画像

丸一日かかって、まさに試行錯誤の末、タイトル部分の画像を表示することができました。もう手はふらふら足はがくがく、もちろんオツムも爆発寸前!!
しかし、こうして画像が張り込めたのは、詳しく・細かく方法を書いてくれたくばたんのサイトのおかげです。
なかなかうまくいかなかったのは、ことごとくケアレスミスでした。ちゃんと説明どおりやったらできるじゃん!!
  
ということで、この画像は広州の街を流れる「珠江(Pearl River)」の夜景です。
全体的に黒っぽい背景なので、夜景を使いたかったのですが、なかなかいいのがないねぇ・・・
今度この背景用に取材に行ってきます。(笑)・・・といいながら何ヶ月も同じ画像を張ってるに違いない・・・

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2004/02/22

ゴミ箱巡り


私の宿舎の中庭にあるゴミ箱、ちょとユニークなのでまとめて紹介しちゃいましょう。

まずは中国でおなじみのパンダゴミ箱。ゴミの筒をパンダが抱きかかえていますな。これは結構いろんなところに置いてあります。左のはずいぶん黒目がちですが、右のは反対に「ぶち」が小さいですね。かなり個人差があるもよう・・・。

お次は鯉ゴミ箱。ぱっくりと開けた口にゴミを食ってもらうという構造。これも結構街中で見かけます。色がなんともいえぬ不気味な色をしてます。

最後はペンギンゴミ箱。同じく口にゴミを放り込むようになっていますが、ゴミがくちばしに当たりそう。なんといってもペンギンの横顔が素敵!

なお、これらのゴミ箱はいずれも土台にしっかり固定されているようで、ゴミは口から取り出すしかないようです。回収はとってもめんどくさそう・・・

おまけは怪しい置物をご紹介。
左は犬に羽根が生えたような動物・・・と言うより魔物に近いですな。
右は2羽の鳳凰のような鳥が花瓶をしょっているというものです。一体何に使うんでしょうね。

おことわり
これはココログ版向けに書いた記事で、本来は画像が6枚あるのですが、こちらは画像が一枚しか張り込めないため、犬の魔物の画像だけを貼り付けます。
すべての画像はココログ版でご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴミ箱巡り

私の宿舎の中庭にあるゴミ箱、ちょとユニークなのでまとめて紹介しちゃいましょう。
まずは中国でおなじみのパンダゴミ箱。ゴミの筒をパンダが抱きかかえていますな。これは結構いろんなところに置いてあります。左のはずいぶん黒目がちですが、右のは反対に「ぶち」が小さいですね。かなり個人差があるもよう・・・。
gomipannda1.jpggomipanda2.jpg
お次は鯉ゴミ箱。ぱっくりと開けた口にゴミを食ってもらうという構造。これも結構街中で見かけます。色がなんともいえぬ不気味な色をしてます。
最後はペンギンゴミ箱。同じく口にゴミを放り込むようになっていますが、ゴミがくちばしに当たりそう。なんといってもペンギンの横顔が素敵!
gomikoi.jpggomipenguin.jpg
なお、これらのゴミ箱はいずれも土台にしっかり固定されているようで、ゴミは口から取り出すしかないようです。回収はとってもめんどくさそう・・・

おまけは怪しい置物をご紹介。
左は犬に羽根が生えたような動物・・・と言うより魔物に近いですな。
右は2羽の鳳凰のような鳥が花瓶をしょっているというものです。一体何に使うんでしょうね。
mamono.jpghouou.jpg
なお、並行ラン中の「今日のがめきゅう社長」では、犬の魔物のアップがごらんいただけます。アップのほうが気持ち悪いのでぜひドーゾ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/21

周迅(ジョウシュン)

中国大陸映画界での「若手4大女優」をご存知ですか?
その4人とは周迅章子怡趙薇徐静蕾なのですが、それぞれ最近日本でも徐々に名前が知られるようになって来ましたね。その中から今日は「周迅(ジョウシュン)」をご紹介。
  
周迅は1976年10月浙江省の生まれで、今年でデビュー12年。日本では1999年の作品『蘇州河(ふたりの天使)』あたりから注目されだし、以後『十七歳的単車(北京の自転車)』『香港有個荷里活(ハリウッドホンコン)』『小裁縫(小さな中国のお針子)』などに出演しています。
  
声がハスキーなためか悲運のヒロインを演じることが多いようですが、ついこの間中国で公開された最新作『恋愛中的宝貝』では、彼女のイメージが大きく変わる大胆な役どころと言うことなので早く見たいなぁ・・・
  
映画以外にもテレビドラマやCMなどにも数多く登場していて、これからもっとも活躍が期待される女優だと思ってます。

このキャンディーはパッケージに彼女の写真が大きく載っているのでついつい買ってしまったものですが、オレンジ味のボンボンでなかなかおいしいですよ。ドイツの技術で作られた・・・とか書いてあるぞ。2粒食べれば一日に必要な9種類のビタミンが補充できるというスグレモノらしい・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

周迅(ジョウシュン)

中国大陸映画界での「若手4大女優」をご存知ですか? その4人とは周迅、章子怡、趙薇、徐静蕾なのですが、それぞれ最近日本でも 徐々に名前が知られるようになって来ましたね。その中から今日は「周迅(ジョ ウシュン)」をご紹介。
周迅は1976年10月浙江省の生まれで、今年でデビュー12年。日本では1999年の作 品『蘇州河(ふたりの天使)』あたりから注目されだし、以後『十七歳的単車 (北京の自転車)』『香港有個荷里活(ハリウッドホンコン)』『小裁縫(小さ な中国のお針子)』などに出演しています。
声がハスキーなためか悲運のヒロインを演じることが多いようですが、ついこの間中国で公開された最新作『恋愛中的宝貝』では、彼女のイメージが大きく変わ る大胆な役どころと言うことなので早く見たいなぁ・・・
映画以外にもテレビドラマやCMなどにも数多く登場していて、これからもっとも 活躍が期待される女優だと思ってます。
zhouxun.jpg
このキャンディーはパッケージに彼女の写真が大きく載っているのでついつい買ってしまったものですが、オレンジ味のボンボンでなかなかおいしいですよ。 ドイツの技術で作られた・・・とか書いてあるぞ。2粒食べれば一日に必要な9種類のビタミンが補充できるというスグレモノらしい・・・

| | コメント (7) | トラックバック (2)

ニフティのnotebookから移行

ニフティのウエブログサービス「ココログ」が始まって2ヶ月たちましたが、試運転もとりあえず終わったので、この「今日のがめきゅう社長」もこのサービスに移行することにしました。
  
タイトルは「Kyogame(今日のがめきゅう社長・ココログ版)」となります。
  
このサービスでは、記事に対するコメントが書き込めるようになるため、皆様からいただいたご感想などを同じページでご覧いただくことができます。
  
なお、ココログのサーバーはまだまだ安定していないようですので、2月いっぱいはニフティの「notebook」ページと並行ランすることとし、同じ記事を両方に掲載します。この並行期間に問題がないようであれば、3月からはココログ一本にする予定です。
  
また、掲示板 「新・社長の部屋」 は従来どおり営業いたしますので、引き続き皆様からの書き込みをお待ちしております。
  
それではこれからも「がめきゅう」をよろしく!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2004/02/20

Kyogame開始のお知らせ

ニフティのウエブログサービス「ココログ」が始まって2ヶ月たちましたが、試運転もとりあえず終わったので、この「今日のがめきゅう社長」もこのサービスに移行することにしました。
  
URLは以下の通りで、タイトルは「Kyogame(今日のがめきゅう社長・ココログ版)」となります。
  
http://gamekyu.cocolog-nifty.com/kyogame/
  
このサービスでは、記事に対するコメントが書き込めるようになるため、皆様からいただいたご感想などを同じページでご覧いただくことができます。
  
なお、ココログのサーバーはまだまだ安定していないようですので、2月いっぱいはこのページと並行ランすることとし、同じ記事を両方に掲載します。この並行期間に問題がないようであれば、3月からはココログ一本にする予定です。
  
また、掲示板「新・社長の部屋」は従来どおり営業いたしますので、引き続き皆様からの書き込みをお待ちしております。
  
それではこれからも「がめきゅう」をよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/19

今日も試運転♪

ココログ試運転中です。
きょうも「今日のがめきゅう社長」の内容を転記してみます。
  
14日の日記にも「広東音像城」と言う、CD・VCD・DVDなどを扱うお店がまとまって入っているビルのことを紹介しましたが、これがその建物です。
ビル自体は3階建てですが、奥行きがものすごく、この中に160軒ものお店が入っているようです。
videocity1.jpg
ここは基本的には問屋さんなのですが、小売もしてくれて(値段は若干高いけど)、現在中国国内で正規流通している製品のほとんどがここにあります。
ホームページによれば、中国に流通する音像製品の80%がこの問屋街である「広東音像城」を経由しているそうで「中国音像の総元締め」といっても過言ではないほどです。
  
それぞれのお店は専門分野があって、たとえば古い映画を扱う店、テレビドラマ専門、子供用番組専門。。。というふうに分かれています。で、中には中華アイドル系をたくさん扱うお店もあるわけでして、いつも自然と足が向いてしまうわけです。(^^;;
  
と言う、楽しいビルですので、中華系の音楽・映画・テレビに興味をお持ちの方、広州にこられた折には必ずお立ち寄りください。
また、系列のネットショップもありますので、一度のぞいて見てはいかがですか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

広東音像城


14日の日記にも「広東音像城」と言う、CD・VCD・DVDなどを扱うお店がまとまって入っているビルのことを紹介しましたが、これがその建物です。
ビル自体は3階建てですが、奥行きがものすごく、この中に160軒ものお店が入っているようです。
  
ここは基本的には問屋さんなのですが、小売もしてくれて(値段は若干高いけど)、現在中国国内で正規流通している製品のほとんどがここにあります。
ホームページによれば、中国に流通する音像製品の80%がこの問屋街である「広東音像城」を経由しているそうで「中国音像の総元締め」といっても過言ではないほどです。
  
それぞれのお店は専門分野があって、たとえば古い映画を扱う店、テレビドラマ専門、子供用番組専門。。。というふうに分かれています。で、中には中華アイドル系をたくさん扱うお店もあるわけでして、いつも自然と足が向いてしまうわけです。(^^;;
  
と言う、楽しいビルですので、中華系の音楽・映画・テレビに興味をお持ちの方、広州にこられた折には必ずお立ち寄りください。
また、系列のネットショップもありますので、一度のぞいて見てはいかがですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続・試運転中

こちら広州は今週あたりから急に暖かくなってきました。 今日は20度くらいまで上がってたんじゃないかな?先週まで冷たい雨が降って「寒い寒い!」言ってたのがウソのよう・・・

そういえば、昨日あたりから街行く若い女性のスカート姿が一気に増えてきまし た。彼女たちの元気な姿を見てるだけでこちらの気分も軽くなってきますね。

さて、この画像は広州市内を東西に流れる「珠江(Pearl River)」を走る遊覧船から眺めた広州の夜景です。
上海のバンド(外灘)地区ほど大掛かりではありませんが、古いビルがライトアップしてあったり、珠江にかかる橋々も光で浮き上がっていたりとなかなか美 しいですよ。
今の季節、川からの涼しい風を受けながらの夜景は風情がありますね。夏はきっと暑くて風情どころではないでしょうけど・・・(笑)
zhujiang1.jpg
この冬はいまのところSARSも大きな流行の兆しを見せていません。ぜひ広州での春のひと時をお過ごしになりませんか?

・・・この投稿は「今日のがめきゅう社長」の原稿をそのままココログに転記して「試運転」おり、PCからメール送信してアップしてみます。
ところで、文中に入れた「タグ」は有効なんでしょうか・・・効いていなかっ たら「試運転」に免じてお許しください!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/02/18

春だ春だ!

こちら広州は今週あたりから急に暖かくなってきました。
今日は20度くらいまで上がってたんじゃないかな?先週まで冷たい雨が降って「寒い寒い!」言ってたのがウソのよう・・・
  
そういえば、昨日あたりから街行く若い女性のスカート姿が一気に増えてきました。彼女たちの元気な姿を見てるだけでこちらの気分も軽くなってきますね。
  
さて、この画像は広州市内を東西に流れる「珠江(Peral River)」を走る遊覧船から眺めた広州の夜景です。
上海のバンド(外灘)地区ほど大掛かりではありませんが、古いビルがライトアップしてあったり、珠江にかかる橋々も光で浮き上がっていたりとなかなか美しいですよ。
今の季節、川からの涼しい風を受けながらの夜景は風情がありますね。夏はきっと暑くて風情どころではないでしょうけど・・・(笑)
  
この冬はいまのところSARSも大きな流行の兆しを見せていません。ぜひ広州での春のひと時をお過ごしになりませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/17

ウエブログ日記

去年あたりからサービスが始まった「ウエブログ」を利用した日記のページが急に流行してきましたね。
  
確かに携帯からのメールを打つ感覚で日記のサイトが自動的に出来上がるので、ちょっと街で見つけた面白いものなどをその場でアップすることができてお手軽です。
HP作成ソフトやFTPソフトも必要ないので、パソコンに詳しくない人でも気軽にホームページ・・・といった感じですね。
  
昨年末に「日記ばとる」をしていただいたお二人も、H氏はすでにウエブログに移行、そしてK氏もすでにトライアル運用中で、移行を検討されているようです。
  
ワタシもとりあえずワクだけは作って一回だけ書いてみたのですが、ここ中国にいると日本の携帯電話は使えず、結局パソコンからのアップしかできず、ついつい今までの方法で続けてしまっています。
  
でも、時代の趨勢としては、どうやらこのウエブログ方式が定着しそうな勢いで、そろそろ本格的に試運転を始めようかな・・・と考えている今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/16

最後の恋、初めての恋


12月に日本で公開されたこの映画、ご覧になった方はいらっしゃいますか?
日本の監督(当摩寿史)が上海を舞台にして撮影した映画で、主演は渡部篤郎、徐静蕾(右)、董潔(左)。
日本でのロードショーはすでに終わってしまったようですが、中国ではバレンタインデーにあわせて上海で公開が始まりました。
  
・・・日本で親友と恋人に裏切られ傷心の中で上海に赴任してきた早瀬(渡部)と、彼の命を救ったミン(徐静蕾)はいつしか恋に落ち、ミンの妹リン(董潔)は早瀬に思いを寄せる・・・そして、ミンには病の影が・・・
  
と、基本ストーリーはよくある話なのですが、主演3人の個性がよく出ていて、なかなか見せる作品になっていました。
去年まで長期で出張に行っていた上海が舞台ですので、懐かしい景色が随所にでてきますし、妹役の董潔のかわいらしさは際立っていました。とくにたどたどしい日本語のセリフは最高!
  
ただ、中国での公開版は日本のモノより25分も短いそうで、ところどころ話の展開が唐突だったり、「そんな偶然は何度も続かんじゃろ・・・」と思える部分があったりと、???なところもありましたね。
  
もし興味をもたれましたら公式サイトをご覧になってくださいね。
  
広州ではすでにDVDがでてますので、日本でももうすぐ出ることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/14

空港散歩

日本では春一番が吹いたとか。こちら広州も汗ばむほどの暖かい日でした。
  
こちらに来てやりたかったことのひとつが、広州空港で飛行機を眺めること。というのも、この6月に新空港に移転してしまい、市内から至近距離にある現在の空港が閉鎖されてしまうからなのです。
  
ところが、週末はいつもいつも雨。・・・で、今日はようやくお天気になったので、デジカメをぶら下げて空港の滑走路近くに行ってみました。
  
広州の現空港は市内から近く、滑走路のすぐ横まで民家が建て込んでいたり、その隣にはDVDやCDを扱うお店が100軒くらい入った「広東音像城」と言う楽しいビルがあったりとまさに街中にある空港です。
  
滑走路のすぐ横には交通量の激しい道路が走っていて、柵の外には飛行機を眺める家族連れなどでいつもにぎわっていますが、今日はわたしもこの中に混じってきました。
  
発着する航空会社は中国国内だけでも、中国国際航空(北京)、中国東方航空(上海)、中国西南航空(成都)、中国北方航空(瀋陽)などの大手航空会社のほかに、新疆航空、アモイ航空、海南航空などの地方航空会社もひんぱんに飛んできます。
  
国際線はワタシが眺めていた3時間の間に、JAS、シンガポール、タイ、ガルーダ(インドネシア)、アシアナ(韓国)、マレーシア、ベトナム・・・とアジア各国からぞくぞくと・・・
  
そして主役はなんと言っても広州に本社がある「中国南方航空」。
この写真は南方航空のボーイング757ですが、空港の雰囲気はお分かりいただけますか?
  
日本から飛んでくるJASは4月からJALの運航になるため、JASの飛行機はもうすぐ見納め。
今日は関空からの便はJALの新塗装、成田からの便はもともとのJASの塗装と2種類をパチリ!
  
で、画像は撮りも撮ったり380枚でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/13

新製品!


のりスケット、のりラッカーでおなじみの「C&OK」の新製品、その名も「DOREO」(多利奥)!!

しかし、あまりにも安直な~~!パクリにもほどがあるぞ。そして、お約束の怪しい日本語も健在。曰く、
  
おいしいコンデンスミルク付きのビスケット
  
と来たもんだ。え?どこどこ?どこに付いてるの??コンデンスミルク。
それになんだぁ?
  
イオケ
生産された高級なビスケット

  
ね~、イオケって何?
  
ちなみに上のはナビスコの製品、OREO(奥利奥)です。
お値段は「イオケ」が200gで5.8元、「オレオ」は150gで5.5元。安いじゃん、イオケ。
  
で、さっそく食べてみました。
オレオは日本で売ってるものとおなんじで、ちょっと甘すぎる感じ。
で、問題のイオケは・・・お、うまいじゃん! ビスケットもクリームも甘さ控えめでよいではないか。
ということで、今回は「イオケ」の勝ちー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/12

甘い飲み物

甘い飲み物って??・・・飲み物は普通甘いじゃん!
と、思われた方も多いでしょうけど、日本では甘くない飲み物が、こちらでは甘いのです。
  
その代表がお茶。
日本では緑茶やウーロン茶などのペットボトル飲料には砂糖が入っていませんが、こちらでは基本的にすべて砂糖が入っています。
  
ウーロン茶の甘いのはストレート紅茶に砂糖を入れたような感じでまだ飲めますが、緑茶に砂糖が入ったものはちょっと抵抗がありますね。
  
そして、どうしても飲めなかったのがトマトジュース。
もともと果汁の味が濃いところに持ってきて砂糖の甘さがまとわりついて、これはさすがのワタシもギブアップしてしまいました。
  
で、無糖のトマトジュースを探してみると、ありました。「台湾可果美(カゴメ)」製の缶入りジュース。これは日本のものとほぼ同じ味といっていいでしょう。美味美味!
でも、台湾からの輸入モノだけに、一缶350ml入りで9元(約120円)もするのだ・・・
  
そして、続いて見つけたのが「Dole」製の紙パック入りのもの。こちらは広州で作っているので、1リットル10.8元(約150円)とお安いのですが、今度はやたら塩辛い・・・。ま、甘いよりは全然OKなのですが、水で薄めて塩辛さを緩和してから飲んでます。(笑)
  
では、広州にお越しの際は甘いお茶とトマトジュースをご賞味くださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/11

牛どんのニュース

ここんとこインターネットを見てると「牛どん」各社の販売中止のニュースが毎日のように載ってますね。
  
確かに、いまや国民食といっても過言でないまでにたくさんのお店があり、安くて手ごろでおいしい「牛どん」が姿を消すとあって話題性としては大きいものがあるのかもしれません。
でも、今回の輸入停止措置で影響を受け、困っているのは牛どん屋さんだけではないはずで、ちょっと偏った報道ではないかと思うのですよね・・・。
  
でも、牛どん各社には何とかこの困難を乗り越えてもらいたいものです。
  
今日の午後からどうも喉の調子がおかしい・・・
ということで、明日は早いので今日はクスリのんで寝ることにします。

そういえば、日本は明日はお休みなんですね・・・。いいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/10

雨上がりの月曜日

週末降り続いた雨もようやく上がり、今日は少し暖かくなりました。今日は街の空気もきれいで、すがすがしい週明け・・・。
  
春節を過ぎると気分的にも実際の気温も徐々に春めいてくるようで、今年もだんだん暖かくなっていくのでしょうか。
  
今日の夕食は日本料理店でナベでした。
このお店のナベは、まずダシを4種類の中から選択し、そして中に入れる具を20くらいのアイテムから選んで入れるというシステムで、なかなか合理的にできています。
  
中国のナベ(火鍋)はまさにこのスタイルで、スープの種類を選んでから、中に入れるものを一つ一つオーダーします。
そういえば、今年になってから火鍋は食べにいってないな。
  
今日の画像は・・・あまりにもおなかが空いてたので・・・撮ってません。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/09

洗濯・買出し・台湾料理


なんかヘンなタイトルになりましたが、今日の行動を羅列するとこうなりました。
  
朝は洗濯機を相手に2回戦を戦い、洗濯を完了!
そして、クリーニングを出しに洗濯屋さんへ。
  
午後は雨が上がらなくて寒かったのですが、部屋の食糧が底をついてしまったので買出しに出発。
で、スーパーに行く途中にDVD屋をはしごしてしまい、あっという間に1時間以上費やし、そして今日も15枚買ってしまいました。(^^;; でも、見たかった映画のDVDが手に入り気分上々。
  
ようやくスーパーにたどり着き、カップラーメンなどの食料品を中心に大量に買い込み、これで一週間分の備蓄が完了。
  
夕食は同僚3人と近くの台湾料理のお店へ行って、以下のメニューを完食しました。
台式香腸(台湾腸詰ソーセージ)、カオフー(凍り豆腐の甘煮)、菜埔蛋(切干大根入り玉子焼き)、肉の湯葉巻き、揚げ豆腐、トンポーロウ(豚肉の角煮)、ビーフン炒め、たまご炒飯、マンゴーシャーベット・・・いやぁ、食った食った~~。
  
と、まぁ、休みの日はこんな一日を過ごしているのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/08

四川料理

今日は小雨の降る寒い一日でしたが、衣料品や日用品を売る店が所狭しと集まる「老鼠街」という市場に行ってみました。ネズミ街とはまた変わった名前ですが、鼠のように小さいお店ばかりが集まっているから名づけられたのでしょうかね。
  
とにかくそれぞれの店の間口は人一人が入れるような狭いお店がほとんどで、数にしたら200~300くらいはあるでしょうか・・・。輸出用製品の流れモノなどが市場中にあふれています。
  
広州がこんなに寒くなるのを予想していなかったので、冬物はほとんど持ってきておらず、特に普段着のジャケット類は薄いウインドブレーカー1枚しかなくて寒い思いをしてましたが、ついに防寒用のジャケットを購入。
日本では1万円はくだらないと思われるものが1500円しませんでした。ま、いわゆるコピー商品に該当する可能性がありますので、日本への持ちこみはできませんけどね。
  
しかし、こう寒いと身体の中からあったかくなるものが食べたくなり、夕食は四川料理店へ。
  
マーボ豆腐は本場の辛さで大満足。
これは「水煮牛肉」という料理で、牛肉の薄切り、野菜、ところてんのようなものを唐辛子のスープで煮込んだもので、今まさにスープの上を覆っている唐辛子をさらっているところです。
唐辛子のスープは辛さが半端ではありませんが、牛肉に程よくしみこんだ辛さがあとを引くおいしさです。
  
最後はタンタン麺で締めて、すっかり温まった夕食でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/06

正月気分


クリスマスから元旦、春節と続いてきたお祭りムードも昨日でおしまい。日本式に言う「松の内」が終わったというところで、正月気分も一段落・・・と言った感じです。
  
広東では春節に「紅包」と言う、いわゆるお年玉を配る習慣があります。

紅包を渡す基準は、既婚者から身近な未婚者(男女問わず)に・・・とのことで、家族親戚は言うに及ばず、会社の部下はもちろんのこと、行きつけのレストランの従業員にまで配るそうです。
(未婚者は配らなくてもいいんだとか。)
  
中身の基準についてはいろんな人に聞いてみたのですがまちまちで、会社の部下には50元(650円くらい)、あまり近い関係でない人には10元(130円くらい)というのが相場のようです。
  
春節前には街中でこの紅包を売っていたり、お店で買い物をするとおまけにくれたりしますが、右の「JAL」の紅包は、航空券を買うと20枚くらい入った物をくれるもので、これは結構貴重かも。(笑)
  
大吉大利と言うのがお決まりの言葉のようで、左側の袋には、「吉」と同じ発音の「橘(みかん)」と「利」と同じ発音の「鯉」の絵が描かれてます。
  
・・・ということで、ワタシにとっては初めての経験なので、一応たくさん準備していたのですが、慣れてないこともあって渡すタイミングをはずしたりして、さほどくばらずに終わり、結構余ってしまいました。
じゃ、これは来年使おう・・・と思いましたが「サル」の図柄のは来年は使えないのね。(^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/05

香港アイドル

しばらくアイドルネタを書いてませんでしたので、リクエストにお応えして(笑)香港のアイドルをご紹介。
  
いま香港の若年層に絶対的な人気を誇るのが「Twins」という美少女2人組のアイドルユニットです。
写真左が<鐘欣桐(ギリアン・チョン)>、右が<蔡卓妍(シャーリン・チョイ)>で、かわいらしさと元気のよさで、2001年のデビュー直後からずっとトップの人気をキープしています。
Twinsと言う名前ですが、双子と言うわけではありません。
  
香港出身の彼女たちの歌は基本的に広東語なので、広東語圏以外での受け入れ度はイマイチのようですが、ここ広州ではやはり一番人気で、市内には彼女らの写真をラッピングした広告バスも走ってます。
  
今月末から彼女らの主演映画「ツインズ・エフェクト」が日本でも公開されるそうで、もしかしたら日本でもブレイクするでしょうか?
でも、日本では日本語が喋れない外国のタレントさんをなかなか受け入れない風土があるので難しいかな・・・
  
では、さらに興味のある方は公式サイトへドーゾ!
もっと画像を見たい方は、この画像をいただいてきた壁紙ページもごらんくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/04

立春

今日は立春なんですね。
しかし、今日の広州は寒い!!
今晩もしんしんと冷え込んでて、明日の朝方は3℃にまでなるとか・・・う~ん、東京と変わらんじゃん。
  
こう寒いと億劫になるのが洗濯。もともと好きではないところに持ってきて帰宅も遅いし、ベランダは寒いし・・・ということで、洗濯する気にならないのです。
  
う~ん、早くあったかくならないかなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/03

のりラッカー&のりスケット


また怪しい日本語のお菓子を見つけてしまいました。
  
その名も「のりラッカー」と「のりスケット」。

正体は生地に海苔を練りこんで焼いたクラッカーで、「のりラッカー」のほうはそれを普通に焼いたもの、「のりスケット」のほうは2枚のクラッカーの間にチーズクリームをはさんだものでした。

箱の写真にあるようにのりが直接挟まっていたり、チーズそのものがはみ出すように挟まっているというものではありませぬ。
ま、まずくはないけど、海苔の風味がするわけでなく、ほんとにところどころに緑色のものがあるなぁ・・・てな感じ。
  
しかし、こんなにでかでかとひらがなとカタカナで書くことで、消費者へのインパクトはあるのでしょうか??
ま、ここに2箱買ってしまった日本人がいるわけで、これってもしかして思うツボ?
  
あ、ちなみに11月27日の日記に登場したクラッカーと同じメーカーの製品です。
  
でも、ラッカーはないよな、ラッカーは・・・。塗料じゃないんだからさ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/02

戦場に咲く花 Part2

・・・Part1 からの続きです。

この映画の中国での原題は「葵花劫」、英語でのタイトルは「Sun flower」となっていますが、私が買ったDVDには「鬼子死了」と言うタイトルがつけられていて、この映画本来の目指したものと違う後付けのタイトルではないかと言う気がして残念でなりません。

2000年の作品ですが、最近日本でもDVDが出たようです。
興味をもたれた方は ポニーキャニオン のサイトをご覧ください。
(ここには日本で発売されているジャケット写真が載っていますが、「鬼子死了」とは書かれていません。)
  
おお、久々の長文を書いてしまった・・・
制限文字数もオーバーしてしまったし、また日付をまたいでしまったぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦場に咲く花 Part1

中国映画「戦場に咲く花」と言う映画をDVDで見ました。
  
時代は1944年夏・第2次世界大戦で日本が劣勢になってきたころ、舞台は中国・満州のとある小さな駅で、日本人兵士の謎の死が引き起こした悲劇を描いたものです。
  
製作は中国、監督も中国人(蒋欽民)で、日本人役にはすべて日本人が出演しており、緒方直人と平田満が好演しています。
  
悲劇のきっかけが緒方直人扮する日本兵の「謎の死」ですので、あらすじをあまり書いてしまうとこれからご覧になろうとする方にネタバレするので書きませんが、この映画は日中戦争をテーマにしたものとしては非常に特異な作品です。
なぜなら、これまで中国で作られたこの手の戦争モノでは、だいたいが抗日がテーマとなっていて、「日本が悪い!日本が悪い!」の一辺倒、日本人役はデブでぶっさいくで怪しい日本語を使う中国人の俳優が悪役丸出しで扮しているのですが、この映画では戦争と言う特殊な環境におかれた人間としての日本人の心理とその背景に多くの時間を割いています。
もちろん中国で作られた映画であるわけですから、中国人の尊厳や名誉についても十分に表現されているのですが、日本人も戦争の犠牲者であって、戦争そのものの残忍さやその引き起こす悲劇を描くことによって戦争の本質を問うという、いわば「反戦」がこの映画のメインテーマになっています。
  
この蒋欽民監督はこの作品が第一回の監督作品だそうですが、彼は日本に留学して映画を学んだことがあるそうで、日本在住時に日本人のこころを知り、このテーマをどうしても取り上げたかったのではないかと思うのです。
  
中国の学校教育では、いまでも戦争時代の日本軍の行動を具体的に教え、抗日感をあおるようなことがなされていると聞きましたが、中国人の監督した作品がこのような視点で描かれたことには非常な驚きを覚えましたし、多くの中国人に見てもらいたい作品だと思いました。特にラストシーンは秀逸です。
  
Part2につづく・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/01

ホームページ更新

久しぶりに「がめきゅう」のホームページをいじくって見ました。

まずはホームページ作成ソフトを「Front Page 2000」に変更。今までは97年版の「Front Page Express」を使っていたので、メチャメチャ進歩したって感じ。作成したページのイメージをすぐにプレビュー機能で見られるのは超便利!

FTPソフトも以前使っていたものはよく異常終了していたので、「窓の杜」からダウンロードしてきた新しいソフトに交換。フリーソフトなのに使い勝手がいいのね。動きも超速い!
  
で、さしあたって伝言板「新・社長の部屋」の過去ログを作りました。
今の伝言板は700発言を超えた段階で古い発言から消えてしまうのですが、すでに600発言を超えており、皆さんが伝言板に書いてくださった貴重な記録を残すべく過去ログのダウンロードを行いました。
以前はいちいち画面のコピーをテキストで別ファイルを作っていましたが、今は一括でHTML形式でログがダウンロードできるので超カンタン!

ということで、今日はちょいと地味な更新でしたが、ソフトも変わったことだし、これで更新頻度が一気に・・・・上がるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »