« 年度末 | トップページ | もうすぐ15000 »

2004/03/02

章子怡(チャンツィイー)

今回は中国大陸・若手4大女優から「章子怡(チャンツィイー)」をご紹介しましょう。
章子怡は1979年2月北京の生まれで、日本では3年前に公開された「我的父親母親(初恋のきた道)」で一気に有名になりました。この作品の監督は張芸謀で、彼女の可憐さが十二分に表現され、中国の新ヒロインとして鮮烈なデビューとなりました。

その後、「臥虎蔵龍(グリーン・デスティニー)」ではワイヤーアクションの派手な役で、彼女の新たな一面も発揮しましたし、この映画の一シーン、料理屋でひと暴れするシーンが「VISAカード」のCMとなって日本でも流されていたので記憶されている方もいらっしゃるでしょう。最近は花王の化粧品「アジエンス」のCMにも出ているそうですね。
韓国でも人気があり、韓中合作映画にも主演していますし、去年はやはり張芸謀監督の「英雄(HERO)」でも話題になりました。
  
さて、この写真はこちらで売られている「我的父親母親」のDVDのジャケットですが、ちょいと昔風で野暮ったい感じです。
zhangziyi.jpg
ジャケットのキャッチコピーには「張芸謀的初恋故事」「世紀末的愛情絶唱」とあります。ちょっとセンスがイマイチかなー。
そういえば、この映画の英語のタイトルは「The Road Home」ですが、邦題の「初恋のきた道」と言うのはなかなか素敵なタイトルだと思うのですよ。たまにとんでもない邦題がありますからねぇ・・・
ちなみにこのDVDのお値段は12元(約150円)、もちろん正規版です。
  
彼女は最近個人の公式ホームページサイトを開設しました。
中国の俳優・女優では珍しいことらしく、このサイトの開設がニュースになったとか。
興味のある方はぜひドーゾ!

|

« 年度末 | トップページ | もうすぐ15000 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 章子怡(チャンツィイー):

» LOVERS-結局、頭目は誰だったんだろう?って全然、関係ないかm(__)m [百鬼夜行]
「結局、頭目は誰だったんだろう?」 名駅のピカデリーで、LOVERS観てきまし [続きを読む]

受信: 2004/09/12 01:50

« 年度末 | トップページ | もうすぐ15000 »