« 日帰りマカオ4(牛乳プリン) | トップページ | 日帰りマカオ6(広州へ) »

2004/03/29

日帰りマカオ5(観光!観光!)

とりあえず「食べる」目的はすべて達成したので、今度は町歩き・・・といっても、夕方5時くらいにはマカオを離れて広州に戻りたいので、もう1時間半くらいしかない・・・ということで、マカオのシンボル的存在「聖ポール天主堂跡」だけに行くことにしました。kanko1.jpg
セナド広場から細い路地を縫うように急坂をたどっていくと、そこはモンテの砦。市内をぐるっと見渡せる高台で、かつてオランダ軍と戦ったときに使われたという大砲が海に向かってその砲口を向けています。しかし、中国側には大砲はなくマカオは中国とは戦う意思のないことをあわらしていたのだとか。平和な今では大砲はオブジェとなって、子供がまたがってあそんでいます。
kanko3.jpg砦を一周しているとすぐ下には天主堂跡が見えたので、そちらに向かって狭くて急な階段を下りていくと、途中にこんな張り紙が。どうやら「アーライ」という犬が散歩の途中に行方不明になったようで、飼い主からの「尋ね犬」の張り紙です。特技は「人に向かってチンチンをする」とのこと。ほー、中国語でも「請請(チンチン)」というのかぁ…と思ったのですが、落ち着いて考えれば、中国語が日本に入ってきたんでしょうね。ところで、張り紙の一番下に「當奉茶資、決不食言」という言葉が書いてあったのを見て、「お茶代を差し上げるので御願いだから犬を食べないで」という意味だろうかー!とか言いながら笑っていたのですが、後で中国人に意味を聞いてみたら、「決不食言」というのは中国語の古い表現で、「必ず~します」という意味なんだそうです。ははは!
kanko2.jpgさてさて、この天主堂跡は火事で焼け残った正面部分だけが補修されて保存されているのですが、この不思議な光景で世界的に有名になったそうです。正面の写真などは他のガイドブックなどにも必ず載っていますので、ここでは「裏側」をご紹介しておきましょう。(笑)
のんびり見て回ったり、お土産やさんをのぞいたりしていると、「わぉ!もう4時半だ~!」ということで、国境に向かうことにしました。(6につづく)

|

« 日帰りマカオ4(牛乳プリン) | トップページ | 日帰りマカオ6(広州へ) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日帰りマカオ5(観光!観光!):

« 日帰りマカオ4(牛乳プリン) | トップページ | 日帰りマカオ6(広州へ) »