« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

2004/05/30

直達特快列車

zhida1.jpg2004年4月18日から19往復の「直達特快列車」が運行開始したそうです。
最近、中国の鉄道も居住性がよくなってきて、さらにスピードの面でも幹線では160Km/Hが標準となってきており、ひと昔前の「とにかく運べばよい」と言う交通機関からずいぶん変化してきているようです。
この直達特快列車の北京からの目的地は以下の11駅です。(複数本運行されている場合は数字を入れてあります。)

上海(5)、揚州南京合肥蘇州ハルビン長春杭州長沙西安武昌(2)、漢口(2)
  
上海行きは19時発を筆頭に7分おきに5本たてつづけに北京駅を出発し、所要時間はいずれの列車も11時間58分。
また、武昌と漢口はどちらも武漢市にある駅で、これまた4本たてつづけに北京西駅を出発します。

で、パンフレットに謳う、宣伝文句とは・・・
・最高速度160km/H、新型車両を使用
・目的地まで途中の駅には停車しない
・運賃は一般の特快列車と同じ
・夕方出発翌朝到着
・予約は電話やインターネットで180日前から10日前まで受付
・発券は20日前から北京市内各駅、市内300ヶ所以上の代理店で発売
  
ざっと、こんな内容ですが、おもしろいのは飛行機を思いっきり意識していることで、運賃表の隣には同区間の飛行機の運賃を並べており、どの区間も飛行機の半額航空券よりも直達特快の「軟臥(1等寝台車)」のほうが安いと言うことを強調しています。
さらに、空港までの交通費や空港で徴収される空港建設費(国内線は50元)もいらず、もちろん宿代も要らないのでいいこと尽くし・・・と言った表現になっています。
最後に北京から上海への出張を例にとって比較しており、半額航空券だと2230元、直達特快(軟臥)だと1078元!そして「聡明なあなた、すぐにお試しください!」とまで。(笑)
  
それでは、紹介パンフレットからの写真を並べちゃいましょう。
zhida3.jpgzhida2.jpgzhida4.jpg
zhida8.jpgzhida5.jpgzhida6.jpgzhida7.jpg
食堂車はもちろん、サロンコーナーみたいなのがあるようです。
車両の色はどことなく日本の新幹線に似ているような・・・。
お(・o・)! 食堂車のお姉さんはかわいい!
軟臥車は従来どおり4人のコンパートメントみたいです。
トイレをわざわざ写真で紹介しているところなど、昔がどんなに悪かったかを反省しているかのようですね(笑)。いやぁ、確かに筆舌に尽くしがたしとはこのことでしょうか。
列車の行先板の前で微笑むお姉さん・・・こんなに美しい車掌さんが乗っている・・・とは限りません。
ま、とにかく一度乗ってみたくなるような列車ですね。

| | コメント (4) | トラックバック (6)

北京に行ってきました

旅先で売ってるお菓子みたいなタイトルですが、さきほど出張先の北京から広州に戻ってきました。
広州はすっかり夏の様相なので、北京は多少は涼しいかな・・・と思って行ったのですが、北京も暑かった!
ということで、これからいくつか北京での話題からお届けします。
まずは往復に乗ったヒコーキの話題から・・・

行きは広州発8:20北京着10:55の中国南方航空の朝一番便(CZ3101)で、機種はボーイング777‐200(登録番号B-2053)。
この機種のエコノミーシートは3席+4席+3席の横10席でとても窮屈で、シートピッチもこれ以上狭かったらワタシは入らない・・・と言うほど狭くて、あまり乗りたくない機種ですが、北京線のこの時間は乗客が多いので仕方ありません。今日も満席・・・。
国内線はほとんどの便がバスで沖止めしてあるヒコーキまで行くのですが、今回も例外ではなくバスで出発。
搭乗券に「後ろのタラップから」と表示されているので、後ろのドアから乗りこみましたが、その直前に一枚!
CZ3101_01.jpg CZ3101_02.jpg
程なく離陸して、飲み物と朝食が配られましたが、食事かお菓子セットかを選択できます。これは「食事」のほうで、河粉とブタ肉、ザーサイ、緑豆に辛めのソースをかけたもの。この主食以外にきゅうりサラダとカステラ、梅の干したものがついてます。
河粉はイメージ的には厚めのワンタンの皮を渦巻状にぐるぐる巻きにして一口サイズに切ってゆでたもので、これ自体にはほとんど味はありませんが、プルプルの食感に辛めのソースがよくあいます。
  
帰りは同じく南方航空のCZ3104便で、北京発15:05広州着18:05。
機種はまたボーイング777でしたが、ボーイング777-21B(登録番号B-2058)と呼ばれるタイプで、国際線にも使われているものです。
北京でもバスでの搭乗だったので、タラップの下から操縦席を見上げて一枚!
CZ3104_01.jpg CZ3104_02.jpg
エコノミーはやっぱり横10席(^^;。アサインされた席は翼のところの窓側席で、前のお客さんがシートを思いっきり倒すもんだから圧迫感がたまりません。この機材には個人テレビも装備されてたのですが、近すぎて見にくいくらい・・・。でも、夕暮れの太陽が美しかったので良しとしましょう。
そうそう、機内食は行きとまったく同じでした。ま、これもうまいけど違うメニューが食べたかったなぁ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/05/27

出張者去り、明日から出張

先週の火曜日から立て続けに続いた日本からの出張者受け入れが今日で一段落。そして明日からはワタシが北京に出張。
ということで、ただでさえ更新頻度が落ちてきたココログですが、さらに3日ほど留守にします。
北京は85年から90年まで住んでいたところで、おととしの夏には家族で訪れていろいろと懐かしいところなどを巡ったのですが、今回は出張とはいえ2年ぶりの北京なので楽しみです。
北京の様子をご報告できるように、デジカメの電池は3個ともフル充電して準備しました。
中国からでも携帯でアップ・・・なんてことができるようになればいいのですがね。

そうそう、今までの記事にいただいたコメントにお返事ができず申し訳ありません。
出張から帰ってきたら必ずレスいたします!!
・・・ということで、明日は朝早いので、もう寝まーす!
わぁ、洗濯する暇がないぞ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/23

広州・越秀公園

先週から出張者やお客さまが続いていて、久しぶりにいろんな方とお会いできて忙しくも楽しい今日この頃・・・ココログの更新がすっかりご無沙汰になっています!
明日から新たな出張者が入ってくるし、この週末は国内出張です。おお、イソガシ!
そんな中、昨日は広州市内の散策をしてきました。
yuexiu0.jpg広州市内の真ん中にある越秀公園、観光ガイドの一番最初に載っているところですが、今まで行ったことがなかったのですが、初めて行ってみました。
ココには「五羊石像」と言う広州のシンボルの石像があるのですが、結構山の上のほうにあり、たどり着いたころは汗だく・・・この石像の故事来歴は、以下、観光ガイドからの受け売り。(笑)

紀元前300年ごろ、羊に乗った5人の仙人が空から舞い降り、黄金の稲穂をこの広州の地にもたらした。仙人たちは天に帰ったが5頭の羊は残り、五穀豊穣のシンボルとなり石像として表現された。広州の町を「羊城」や「穂城」などの愛称で呼ぶのはこうした故事による。

・・・ということです。石像自体は古いものではありませんが、躍動感あふれる5頭の羊はまさに広州の象徴なのでしょうね。

さて公園の中はいたるところに花が植えられ、眼を楽しませてくれます。
あいにく、花の名前を書いた札はなく、ワタシもまったく知識がないので画像だけを並べておきます。ご覧の皆様から花の名前などを教えていただけるとうれしいです。
yuexiu1.jpg yuexiu2.jpg
yuexiu3.jpg yuexiu4.jpg
左上の赤い花は直径7~10センチくらいの背の低い花です。見た目パンジーにも似ていますが、一面真っ赤に咲いている様はなかなか見事です。
右上の黄色いメガホンのような花は花の長さ7~8センチくらいでしょうか。3~4メートルくらいの高さの木に咲いてます。花が咲いたあとはガクの付け根からぼとりと落ちるようで、下に花がいくつか落ちていました。枝の一つ一つに花の落ちたあとがたくさん残っていて、枝ごとに花がひとつづく咲くのかもしれません。隣にはオレンジ色の花をつけた同じ木がありました。
左下は黄色いカーネーションのような花ですね。花の直径は5センチくらい。これまた一面が黄色く敷き詰められていて美しいものです。
右下の植え込みの上に落ちてきた「わた」のようなもの、これは「木綿花」の種子がわたのボール状になったもの・・・だと思います。ボールの直径は4センチくらいのものから10センチくらいの大きいものまであって、いたるところで上からはらはらと落ちてきて、なかなか幻想的な光景です。
以上、花にまったく疎いワタシに名前などのご教示をオネガイしまーす!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004/05/20

生存証明です

あいやぁ、2日あけてしまいました・・・
ここんとこ出張者のアテンド、週末の来客、来週はまたまた出張者アテンドと会議の連続、そしてそのあとは国内出張・・・と、立て続けにイベントが盛りだくさんで、インターネットにアクセスする時間もない状態です。
とりあえず明日以降もブランクになりそうなので、あらかじめお断りをば!
ということで、ちゃんと生きてますのでご心配なく~!え?心配なんかしとらんって??

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004/05/17

大公開!わたしの部屋

一部の熱心な読者の方から昨日の記事についての質問がありました。
「幅1メートルそこそこのベランダとはどういうことか?写真を見るとどうも間口のことらしいが、奥行き1メートルの間違いか?写真を見てもどうも想像ができない・・・」とのことでした。
えー、文章で説明してもなかなかわかりづらいと思いますので、この際、わたしの住んでいる部屋を大公開してしまいましょう。room.jpg
図面の下が部屋の入り口、緑色のところがダイニングキッチン兼居間で上側の白い部分が寝室、中央の黄色い部分がバス・トイレです。
で、お尋ねのあったベランダは左側の水色の部分で、台所の横の出入り口から外に出ます。
つまりは自室と隣の部屋に挟まれた、間口の幅1メートル、奥行き3メートルの空間で、ベランダと言っても日当たりは悪く、もともと北向きの部屋であるため、洗濯物の乾燥にはあまり適さない環境なのです。
昨日の写真はこの赤い矢印のところから撮影したもので、下のほうに洗濯機が、その先には外の景色が見えると思います。
日本では、ベランダは部屋の一番外側に作ることが多いのですが、中国のアパートではこのように中に入り組んだベランダもあるのですな。この部屋、一人で住むには十分の広さですが、あまり使い勝手がいいとは言えないです。バス・トイレがやたら広い割りには居間・寝室は結構キチキチです。あ、ベランダ奥行きも無意味に広いし・・・。ということで、幅1メートルの空間、お分かりいただけましたか?>質問して来てくれた方

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/05/16

白雲空港フォトアルバムに追加

広州白雲空港の移転まであと一ヶ月ちょっとになりました。
ということで、フォトアルバムの「広州白雲空港を舞う翼たち」に以下の航空会社のヒコーキを追加しました。
 ・マレーシア航空
 ・タイ国際航空
 ・ガルーダインドネシア航空
 ・バタヴィア航空
 ・ダリアヴィア航空
 ・エールフランス

バタヴィアってどこの国の航空会社?ダリアヴィアって?・・・と思ったあなた、左のアイコンをクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とても悲しい出来事

一人暮らしも5ヶ月。いまやひとつの趣味として挙げることができるようになった洗濯ですが、今日悲しいことが起こりました。
昨日洗濯して、干した洗濯物を今朝取り込んでみると、また乾いていなかったのです。
特にシャツ・Tシャツ類の襟周りなどがことごとく生乾き・・・。せっかくきちんと干して、丸一日干して取り込んだと言うのに・・・。こんな悲しいことがココ最近あったでしょうか。泣く泣く生乾きのシャツを再度干しました。
sentaku.jpgこれが、等間隔に美しく干しなおされているシャツたちですが、そもそも幅が1メートルそこそこしかないベランダに一週間分の洗濯物を干すこと自体ちょっと無理があるようです。
しかし、こうして落ち込んでいる場合ではありません。この悲劇を繰り返すことのないよう、原因を調査し、対策を立てなければ!
では、いってみよう。
  
-------------------
<原因の分析>
1.今週は7日連続出勤であったため通常の週より洗濯物が多く、干す際に衣類と衣類の間隔が通常の間隔よりも狭くなっていた。
2.昨日日中はよい天気であったが、湿度は高く、乾燥に時間がかかった。
3.朝取り込んだため、夜間の湿気を洗濯物が吸収していた。

<対策の立案>
・洗濯物を干す際の対応
1.衣類相互の間隔確保に留意し、接触がないように十分確認を行う。
2.洗濯物が多いときは一度にすべてを処理しようとせず、2回に分けるなどの対応をする。
3.シャツ・シャツ・シャツと並べて干すと、相互に接触する確率が高まるため、シャツ・パンツ・シャツ・パンツ・・・のごとく種類の異なる衣類を交互に配置する。
・洗濯物を取り込む際の対応
4.取り込む前に完全に乾燥しているか否かをすべての洗濯物を触って確認する。
5.とりわけ襟周りなど乾燥の遅れがちな部分を入念にチェックする。
6.洗濯物が夜の湿気を吸っている可能性があるので、朝の取り込みは極力行わない。
  
<反省と所感>
事故は思わぬところで発生するものである。また、「慣れ」から来る不注意も事故発生の要因となっていることも否めない。今回の生乾き事故は将来の大事故の警鐘であると肝に銘じ、今後、いかに小さなであっても再発することにないよう、再度作業品質の確保に最大の注意を払うことに尽力する。
-------------------

ということで、日本もこれから梅雨の時期を迎えますので、同様の悲しみが発生しないよう皆様お気をつけくださいませー!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004/05/15

お気に入りのコーヒー「BLENZ」

会社の入っているビルに「BLENZ」というコーヒーショップがあります。
blenz1.jpgカナダが本社らしく、日本にも中国にもショップを展開しているようです。スタバ風のショップで、テイクアウトもできますが、この店の特徴は「苦すぎないコーヒー」ということで、この味になれると毎日飲んでしまう癖になる味なのです。
これは、カフェ・オレ。牛乳は温めて泡立ててくれるので、濃い目の味のコーヒーとマッチしてとってもまろやか。仕事の合間に実にほっとするひと時をもたらせてくれます。
下のカードはスタンプカードで、5杯飲むと次の一杯がタダ!になるので、これまた顧客引止めに効果が発揮されているようです。
blenz2.jpg blenz3.jpgこちらはアイスアメリカン。たっぷりの氷に熱いコーヒーを注いで作りますが、これにクリームを入れると美しいグラデーションになって見た目にも涼しげです。
そして、右の写真をよーく見てください。さりげなく注意書きが書いてあるのですが、これが「CAUTION:This beverage is very delicious」とシャレが効いています。最近ちょっとしたことで裁判になったりするので、「熱いから気をつけて・・・」とか書いてあるのかと思ったのですが、こんなセンスもステキです。
それになんと言っても毎日行ってしまう理由・・・ココの小姐の笑顔かな!(やっぱりそういうことかい・・・笑)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

広州の市花「木綿花」

ここ広州は年間通して暖かいところで、一年中花がある街です。
その花の街、広州の市の花は「木綿花」とか「紅綿花」と呼ばれる花で、毎年3月ごろに真っ赤な花が街を彩ります。
赤い大きな花は木の幹から直接咲いて、1週間くらいで花ごと落ちてしまい、花のあとに葉が出て6月ごろには実がなるとか。
cz_b7772.jpg
広州に本社を置く中国南方航空のマークはこの「木綿花」をデザイン化したもので、水色の垂直尾翼に真っ赤な大きな花が描かれています。
cz_b7773.jpg
ここにご紹介した飛行機はボーイング777で、日本線をはじめとする各国際線や中国国内の幹線に投入されています。
cz_b7774.jpg
ということで、今まで何気なく眺めていた花ですが、この街では日本であまり見ない花が咲いていたりするので、これからは気がついたらデジカメに収めてご紹介することにしますね。
今年は残念ながら木綿花が咲いているときに写真をとることができなかったので、来年は必ず記録しておきたいものです・・・で、来年の3月にはまだここにいるかな??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/05/12

孫燕姿コンサート♪

6月5日のコンサートチケットを買ってきました。今度のアーティストは「孫燕姿(Sun Yanzi)」
彼女はシンガポール生まれの25歳で、台湾を中心に活動していますが、中華圏で幅広く人気があり、ファンの年齢層も広いようです。
日本では、イマイチ知名度がありませんが、倉木麻衣とのデュエットで「Tonight,I feel close to you」と言う曲をリリースしましたのでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。
シンガポールの人は彼女を評していわく「シンガポールの宝」だとか・・・
ticketsun.jpgさて、前回の「Twins」のチケットは当日に買ったので、あまりいい席ではありませんでしたが、今度もとりあえずアリーナ席ではあるものの、ちょっと後ろのほうで、さほどいい席が取れませんでした・・・。こりゃ、やっぱりいい席を取るためには「コネの世界」が必要なのかなぁ。
ま、ということで、6月5日が楽しみですー!今度は広東語の嵐ではないと思うので・・・(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今日は何曜日??

土曜日から仕事してると曜日の感覚がなくなってしまいます。
週休2日が定着して以来、5日働いて2日休みのサイクルなので、今日は木曜日の感覚で、あと一日仕事したらお休み・・・。でも実は火曜日!今週はあと3日もあるのかぁ・・・。
chaofan.jpgネタに困ってきたので、今日のお昼ご飯「炒飯弁当目玉焼き乗せ」の画像でもご覧ください。
この炒飯弁当、食べるたびに中に入ってる「具」が違うので、なかなか気が利いてるなぁ・・・と思っていたのですが、口の悪い上司曰く「前の日の残り物を刻んで入れているのだ」と言うのを聞いて、大きく納得。だってなんてったって5元(約70円)ですからねぇ・・・。

twinsbus.jpg会社からの帰り道、「Twins」が描かれたバスと並走。なんとなくラッキーな気分!
広島は勝ったし、アクセスカウンターは25000を越えたし、めでたしめでたし。
でも、ロッテは今日も負け・・・
ということで、今日はカテゴリー満載でお届けしました。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/10

嗚呼、千葉ロッテよ・・・

今日はBSでロッテ戦の中継があるので、仕事もそこそこに帰宅しました。
晩ご飯は出前を取って、テレビの前で応援してました。
序盤は日本ハムペースで進んでましたが、中盤に一挙5点を取って逆転!それも1イニングに3塁打2本と言うなかなかにスリリングな展開。
ところが、すぐに同点に追いつかれ、「あいや~、またかい・・・」と思っていたら、すぐさま勝ち越し!
よしっ!今日は勝てるぞ~・・・と思ったのはほんの一瞬。その裏に満塁ホームランを打たれて万事休す。
しかし、シーズン開幕当初の絶好調はどうしちゃったんでしょうかね・・・。
さて、明日の予告先発は黒木だそうです!たのむジョニー、何とか突破口を!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

マンゴープリンを買ってきた

もとはしさんのココログで「マンゴープリンを作ってみた」と言う記事を見ました。
「香港のデザート」という本にレシピが載っているんだそうで、ご自分で挑戦されたそうですが、この記事を見てると無性にマンゴープリンが食べたくなり、こんなやつを早速近所のスーパーで買ってきました。
mangopudding.jpgで、食べました・・・。
ん?ナタデココが入ってるの??うーーん、せっかくのマンゴープリンのなめらかな舌触りが、歯ごたえありまくりのナタデココですっかり打ち消されてしまっています。マンゴープリン自体もゼリーみたい。
香りはいいし、決してまずいわけではないのですが、ちょっと思い描いていたのと違ったので・・・ちなみにマレーシア製で、118g入りが2個で7.80元(約100円)でした。
やっぱりマンゴープリンは鯉型に限るぜぃ。(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2004/05/08

労働節明け第一日目

ついに7連休が終わり、今日から出勤です。
とはいっても日本はお休みなので、電話もなく静かなもの・・・。つまり4月30日を最後に連絡が途絶えてから来週の月曜日まで連絡がつかないと言うことですな。
次のお休みは10月1日からの国慶節かぁ・・・5ヶ月間祝日ナシだぞー。
ということで、今日から7連続出勤、がんばりま~す。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/05/07

列島縦断 鉄道12000kmの旅

ハイパーさんのココログでも紹介されていましたが、NHKのBSで「列島縦断 鉄道12000Kmの旅」と言う番組が始まりました。
北海道の稚内から最長片道切符を使って九州の肥前山口まで42日間かけて全国の鉄道を乗りまくると言う企画で、鉄道好きならば一度はやってみたいと思う究極の贅沢旅行です。
昨日は出発点の稚内駅から、今日は石北本線の生田原駅の放送でしたが、北海道はまだまだ寒そうな感じでしたね。
毎日15分と言う時間で前日の旅のダイジェストと、その日の出発点でのトピックスを取り上げるようですが、昨日・今日の2回を見る限りではちょっとぎこちなく、イマイチ中身に乏しいような感じもしましたね。これから慣れてくるにしたがって面白くなってくることを期待したいものです。
・・・とはいってもココでは、ハイビジョンは入らず、BS2で再放送の夜19:45からと言う時間はこちらではまだ18時台ということで、会社にいる可能性が大・・・。ま、土曜日だけでもみられるかな。

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2004/05/06

主夫の一日

労働節の連休も今日を入れてあと2日。
今日は掃除・洗濯・クリーニングと主夫の1日でした。
掃除は日ごろほとんどできないので、なるべく散らかさないように心がけているつもりですが、それでもモノが散乱してきます。
まずは、外に出ているものをすべて所定の位置に片付け、床を静電除塵モップでぜーーんぶお掃除。出るわ出るわ、綿ぼこりの山。これだけ出ると爽快であります。
つづいて、お風呂・トイレ・洗面所を磨き、床は静電除塵モップ。
部屋中のほこりがなくなってホントにすっきりしました。
続いていまや趣味とまでなった洗濯。タオルからシーツから一切合切すべて洗濯機へ。2回フルにまわしてベランダの物干しはびっしり!
そして、冬物をクリーニングにだして、夏物と交換。
いやぁ、部屋の中が広く感じるほどすっきりしました。なんと有意義な1日だったこと!
さ、連休も明日1日。土曜日から7日連続出勤です!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004/05/05

肇慶への小旅行

連休最終日の日本は寒いんだそうですね。
こちらも涼しくていいお天気・・・せっかくの連休、お天気もいいし、広州にじっとしているのももったない・・・と言うことで、昨日バスで2時間ほど西に位置する「肇慶」に行ってきました。
日本ではあまり知名度のないところですが、中国では「広東省随一の景勝地」として有名で、自然あり、美しい街並みあり・・・とうわさに違わぬいいところでした。
一日の画像をまとめてみましたので、ゼヒご覧ください。
ココをクリックしていただくか、左の「マイフォト」をクリックしてください。)
なお、肇慶市に関する情報は肇慶市の公式サイトをご覧ください。
  
フォトアルバム作ってたら休みの半日つぶれてしまったぞ・・・(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004/05/04

連休考

労働節の連休も明日(4日)で中日(なかび・・・ちゅうにちではない)。7連休と言うのは意外と「休みで」のあるものですね。
ずーっと広州にいるのもつまらないので、明日はちょっと日帰り小旅行でもしてこようと思っています。目的地はまだ決めていないのですが、広州からバスで約2時間、広東省で一番風光明媚といわれている「肇慶」を第一候補にしています。ま、起きた時間とバスの時間をみて決めたいと思っていますが・・・。
  
前にも書きましたが、中国の祝日は、1月下旬から2月中旬の春節(旧正月)、5月1日の労働節、10月1日の国慶節の3つがあり、それぞれ3日間の休日となります。
週休2日となってきた最近は、前後の土・日を振り替えて7連休とすることが運用で定められており、この年3回の7連休を利用して帰省や旅行などをすることが定着してきました。この7連休によって消費が大きく伸びているのだとか。

さて、日本では、祝日が毎月のようにある上に、5月4日が国民の休日という祝日でない「お休み」ができたり、ハッピーマンデーによっていくつかの祝日が月曜日に決められたりと、3連休以上が出現する確率が大きく上がりましたね。
そして、今年から敬老の日が9月第3月曜日に改正されたことによって、新たな「国民の休日」ができる可能性ができたそうです。すなわち、秋分の日が敬老の日の週と同じ週の水曜日になった場合、この二つにはさまれた火曜日が「国民に休日」となるんだそうで、その前週の土曜からカウントすると5連休になるとか。
で、おかげんさんのサイトによるとこの先この5連休が出現するのが、2009年なんだそうです。
だったらいっそのこと、9月のこの時期を「毎年5連休」で固定してしまえば・・・と思うのですがねぇ。
はたまた、中国のような土・日の振り替えと言うのは日本では受け入れられないんでしょうか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004/05/03

広州白雲空港あとわずか

黄金周の連休も今日で3日目。今日は久しぶりに滑走路の脇に行ってみました。
6月末に新白雲空港に移転することが決まったため、この旧白雲空港に飛行機が発着するのもあとわずかとなりました。
きょうはお天気もよく、30度以上の真夏日。それでも滑走路に並行する道路では大勢の人が飛行機見物に来ていました。特に今日はヒコーキを撮影する人の数が今までになく多く、いよいよこの空港もあとわずかかぁ・・・と実感します。
airport0503a.jpg airport0503b.jpg
しかし、中国にも熱心なマニアがいるもので、日本製のズームつきの一眼レフと、光学10倍の最新のデジカメを持って来ている人がいましたね。また、マイクロバスで乗り付けて、その屋根に上って撮影しているグループがいました。
これだけの人出があると物売りのおやぢも大繁盛で、今日はパイナップル、バナナに加えて椰子の実売りが登場。見たことあるおっさんだなぁ・・・と思ったら寒いころは焼き芋を売りに来ていたおっさんでした。
空港が移転してしまったらこのおっさんたちも失業してしまうのかなぁ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004/05/02

Twins演唱会

わぉー、行ってまいりました~。Twinsの演唱会!
彼女たちは今香港で最も人気のあるグループで、今年の香港での越年演唱会は12月31日から1月4日まで連続5日間公演し、すべて満席だったとか。
今回の広州での演唱会はこの越年演唱会とほぼ同じ内容で、天河体育場と言うオープンスタジアムが満員になりました。今回はチケットを買うのに出遅れて、ようやく当日になってチケットを入手するというきわどいタイミングでしたが、何とかアリーナ席を確保することができました。でも、ちょっと遠かったですねぇ・・・光学3倍、デジタル4倍ズーム最大にして、さらにトリミングしてこんな感じです。
twins1.JPG
写真左が<鐘欣桐(ギリアン・チョン)=通称「阿嬌」>、右が<蔡卓妍(シャーリン・チョイ)=通称「阿SA」>で、阿嬌が少しおとなしい感じ、阿SAはいつも元気爆裂と言った感じです。
歌は一曲だけが共通語でしたが、あとは全部広東語。ふたりのおしゃべりもオープニングの挨拶で一言だけ共通語があったほかはすべて広東語・・・。いっしょに行った友人にところどころ通訳してもらいました。うーん、広東語がわかるようになりたいなぁ・・・
twins2.jpg twins3.JPG
やっぱりナマで見る彼女たちはかわいいなぁ・・・。元気さのはじけるナンバーからバラード調の曲まで彼女たちの魅力を存分に楽しめた2時間でした。
しかし、今日の演唱会は年齢層が低くて、家族連れなどが多かったですね。日本人のおやぢはワタシくらいだったかも。(^^;;

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2004/05/01

黄金周1日目

さぁ、ようやくやってきました7連休。
ゆっくり寝ようと思っていたのに、腹が減って普通どおり眼が覚めてしまい、朝ごはん後にまたゴロゴロ・・・
土曜日のお楽しみ「仁鶴の生活笑百科」を見てました。海外にいて関西弁に浸れる貴重な番組なんですよ。
夕方からTwinsのコンサートに行ってきます。・・・といっても実はまだチケットが確保されてなかったりするので、もしかしたら入れないかも。無事入れたらデジカメ持って行って取材してきまーす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

黄金周

日本のゴールデンウイークは29日のみどりの日から始まっていますが、中国のメーデー休暇は明日から。
ゴールデンウイークをそのまま中国語に転換して「黄金周」といいます。
中国の祝日は「春節(旧正月)」と「労働節(メーデー)」、「国慶節(建国記念日)」の年3回で、それぞれ3日間の休みになります。
ここ数年は前後の土・日を固めることにより7連休とすることが定着してきており、今回のメーデー休暇は5月1日から7日までの7日間、8日の土曜日と9日の日曜日が振替出勤日となって辻褄を合わせるわけです。
各自治体から通達が出される形で運用されていて、カレンダー上にこういう表示がされているわけではありません。
7連休もいいのですが、その後の7連続出勤はしんどいんですよ。
さぁ、明日から何しようかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »