« 砂糖入りの緑茶に挑戦 | トップページ | 痔癌妾姦淫怨呪糞屍 »

2004/07/20

香港のトラム100周年

香港のトラム(路面電車)は、香港島の中心地を東西に走り、2階建ての電車は観光客にも大人気。
そのトラムがこの7月30日で開業100周年を迎えるそうです。
地下鉄の路線が充実してきた今でも廃止されずに走り続けてきたのには、短距離でも利用しやすいことや、地下にもぐらなくても気軽に乗れること・・・などの要因があるのでしょうが、日本だったら当然のごとく地下鉄の開通と同時に廃止になっていることでしょうから、100年も走り続けてきたとは驚きです。

このトラム100周年を記念して、香港の写真を撮り続けてこられた永田幸子さんの写真展「路面電車香港風貌」が7月22日まで銀座の富士フォトサロンで開かれています。興味のある方はぜひご覧になられてはいかがでしょうか?
詳しくは香港政府観光局のサイトをドーゾ!
そういえば香港はいつも通過ばっかりなので、久しぶりにトラムに乗ってこようかなぁ・・・

|

« 砂糖入りの緑茶に挑戦 | トップページ | 痔癌妾姦淫怨呪糞屍 »

コメント

mattohさん:
コメントありがとうございました。
先週香港に行ったのですが、結局乗る時間がなく帰ってきてしまいました。残念!
次回は必ず乗ってきたいと思っています。
  
わいわいわいさん:
いつもトラバありがとうございます!
気軽に乗れるトラムは香港市民に支えられているからこそ、こうして100年間走り続けることができたんでしょうね。
これからも香港の話題を楽しみにしています。

投稿: がめ@広州 | 2004/08/15 10:46

 こんばんは。久しぶりに書き込みます。

 香港のトラムが100周年ですか。あの2階建てのトラムは香港へ行くたびに乗りますが、2階部分へ上がってみると、香港の町並みが手に取るようにわかりますね。大きなビル郡が建ち並ぶ香港の町並みは東京とはまた違う趣きですが、トラムの2階から見たイメージが一番印象に残っています。

 それと、印象に残るのは、側面に色とりどりに描かれたラッピング広告でしょうね。5年前の99年に行ったのが最後ですが、その後日本でもバスのみならず電車にまで広告をラッピングした姿を見るようになりました。まさにその先駆的存在といえるでしょうか。

 また香港には行ってみたいですね。いろんな乗り物と食べ物を味わいたいです。

投稿: mattoh | 2004/07/20 22:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16629/1008826

この記事へのトラックバック一覧です: 香港のトラム100周年:

» 香港のトラム100周年 [ほんこんからさぶかるる]
香港では路面電車を英語でトラム、中国語で電車と呼びます。 広東語だと「でぃえんちぇー」です。 このトラムのボディーには時々「Since1904」と書かれており、... [続きを読む]

受信: 2004/07/20 14:43

« 砂糖入りの緑茶に挑戦 | トップページ | 痔癌妾姦淫怨呪糞屍 »