« BS2で張藝謀の特集 | トップページ | 香港のトラム100周年 »

2004/07/18

砂糖入りの緑茶に挑戦

先日こめさんからいただいたご質問をきっかけにして、今まで飲んだことのなかった砂糖入りの緑茶にトライしてみることにしました。
だいたい、中国ではペットボトルのお茶飲料は砂糖が入ってるほうが普通なわけで、無糖のものは売れないみたいですから、もしかしたら砂糖入りのお茶飲料はいままでワタシの食わず嫌いで、飲んでみるととってもおいしいのかもしれません。
何ごとも試してみなければ・・・ということで、買ってみたのは統一ブランドの「緑茶」茉莉花味という製品です。
lucha1.jpg lucha3.jpg
統一という会社は台湾に本社を置く大手飲料メーカーでいろいろな飲料を製造しており、中国各地にも工場を持っていて広州にも工場があり、先日広州で行われた孫燕姿のコンサートのスポンサーでした。
lucha2.jpgさて、このお茶のラベルを見てみると「低糖」とも「無糖」とも書いてありませんが、成分表示を見ると、しっかり「白砂糖」の文字が・・・。
十分に冷やして、いよいよ開封!
色はずいぶん薄め、香りはほのかなジャスミンティーの香り。
で、恐る恐る一口・・・ん?意外と甘みは薄いかも。。。でも、やはりジャスミンティーの香りと甘さの組み合わせは飲みなれないためか、3口目くらいから徐々に違和感が・・・。
砂糖の含有量などは表示されていないのでどの程度甘いかは定量的に表現できないのですが、日本で売られている砂糖入りのストレート紅茶より少し甘い程度で、ダダ甘いと言うほど甘くはありません。想像していたよりははるかに薄めの甘さです。
・・・でも、ボトル半分くらい飲んだところで、ギブアップ!(笑)
で、そのあとはキリンの「聞茶」(無糖)でお口直しをしましたとさ。

|

« BS2で張藝謀の特集 | トップページ | 香港のトラム100周年 »

コメント

くばたん☆♪さま:
そう、孫燕姿ちゃんですよー!
ポスター、やっぱりほしい?
もう一枚違う図柄のをキープしてあるので、差し上げましょう!早めに取りに来てくださいね。

投稿: がめ@広州 | 2004/07/19 23:35

がめさん、やっぱりそうでしたか。
似ているなぁと思いつつ別人だったらファンになろうと思っていたところでした。
ポスター、いただけるものであれば、ほしいですぅ。

投稿: くばたん☆♪ | 2004/07/19 19:35

千恵ちゃんさま:
平均で10%??ホントにそんなに入ってるの?
道理で、この手の飲料をたくさん飲むと太るって言うわけだ・・・
ワタシも炭酸モノが好きなのですが、ダイエットコーク飲んでます。中国では「健怡可樂」と言うのですが、まぁ、飲めますね。
ペプシのはまさにクスリみたいでイマイチです。
  
くばたん☆♪さま:
え??誰だかわからん?
くばたん様の大好きな「孫燕姿」でんがな。
このポスター、先日のコンサート会場で飲み物を買うとおまけでくれたので、いまワタシの部屋に貼ってあるんですよ。欲しい?

投稿: がめ@広州 | 2004/07/19 01:33

広告の女の子は誰でしょうか。
そっちが気になります(^^)

投稿: くばたん☆♪ | 2004/07/18 21:20

平均的なペットボトル清涼飲料水の糖質含有量は
約10%という話ですから、
(炭酸飲料の甘いのだと、20とかあるらしいですよ)
500mlペットですと50g?うわー。
砂糖50gって言いますと、計量カップ1/2くらいですよ。
それだけ入ってたら甘いわー・・・

しかも冷えていると甘味をなかなか感じませんから、
薄甘いなーなんて言ってても恐ろしく砂糖が入ってますよー。

炭酸好きですが我慢してダイエットコーラ飲んでます。
薬臭くてうまくない・・・グス

投稿: 千恵ちゃん | 2004/07/18 10:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16629/994506

この記事へのトラックバック一覧です: 砂糖入りの緑茶に挑戦:

« BS2で張藝謀の特集 | トップページ | 香港のトラム100周年 »