« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004/09/28

ヒコーキの模型4

おお、このシリーズ、ついに「4」に突入。
だって、どんどん増えるんだもん・・・(^^; ということで、今回は貨物機の特集ですよん。
B747Fa.jpgいずれもジャンボフレイターと呼ばれる機種で、この写真では以下のように並んでいます。
左上・・・
エミレイツ航空(B747-400F)
右上・・・
日本航空(B747-200F)
左下・・・
ノースウエスト航空(B747-200F)
右下・・・
シンガポール航空(B747-400F)
ジャンボフレイターは100トンもの貨物を積むことができますので、旅客機の貨物スペースだけでは捌ききれない航空貨物の多い路線には欠かせない存在なのです。
B747Fb.jpgさらに大量の貨物を運べる貨物専用のヒコーキもあるにはあるのですが、「ジャンボ」と言うベストセラーになったヒコーキの貨物版であり、旅客機から貨物機への改造もできるのが使い勝手がいいのか、現在のフレイターといえば、このジャンボフレイターが代名詞みたいになっています。
貨物機として新製された機体は操縦席の下が「カパッ」と開くようになっていて、機首から長い貨物を積むことができるようになっているのです。
おっと、チョット専門的になってきたかな? ついつい力が・・・(笑)
日ごろ空港でも旅客機とは別の目立たないところに停まっていたりするので、あまりなじみがないかもしれませんが、次回空港をご利用のときはゼヒ眼を凝らしてみてください。結構な数のフレイターが活躍しているのがご覧いただけると思いますよ。「縁の下の力持ち」的なフレイター、ワタシは好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/27

主食はトマト?

突然ですが、わたしはトマトが好きです。
実は「好き」と言うレベルを超えていて、「とても好き」、もしくは「非常に好き」、または「メチャメチャ好き」・・・といった程度なのです。
日本にいるときは夏になると、夕食時に必ず3個くらいづつ食べていたのですが、広州に単身赴任してからはすっかりトマトから遠ざかっていて、日本料理屋に行った時にトンカツの付け合せの一切れを食べるか、中華料理ではトマトたまご炒め(番茄炒蛋)を食べる程度でした。
先日家族が来ているときに、スーパーで買ってきたトマトを食べてみると、これが甘くてうまくて、忘れていたトマトの味を思い出してしまいすっかり中毒状態。で、家族が帰国した後も毎週ジャスコに買出しに行っては毎日のようにトマトを食べるようになりました。
tomato28.jpgこれが今週一週間分のトマト。
28個で19.3元(約270円)だったので、一個平均なんと10円未満!熟し度や大きさなどはまちまちですが、うーん、安すぎじゃ。広州はまだ暑いので、トマトもまだまだうまい!
ということで、今ではすっかり習慣化して、朝3個~4個づつ食べるようにしており、朝は、トマトだけ・・・と言う日も少なくありません。ダイエットにも効果抜群!
tomato28b.jpg実は、ここだけの話ですが、わたしは皮がついているトマトがあまり好きではありません。そこで、湯剥きで皮を剥いていたのですが、お湯の温度やお湯につけておく時間によって、きれいに剥けたりそうでなかったりと、品質の維持に苦労していました。
で、ネットで調べると親切なサイトがあったもので、「沸騰したお湯に5秒間つけてそのあと冷水につける」とあり、その通り実行してみると見事に一気につるつると剥けるではありませんか!美しく皮の剥けたトマトを眺めていると感動すら覚えるのです。
これが皮むきトマト8個分。うーん、おいしそう!!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2004/09/26

中秋の月と月餅

kitkat.jpg旧暦の8月15日(太陽暦では今年は9月28日)は中秋の名月。
日本でもお月見として定着していて、ススキを飾ってお団子を供える・・・と言うのが日本のスタイルですが、中国ではなんと言っても月餅です。
この時期にお世話になった方に対して「月餅」を贈ると言う日本のお中元のような習慣があり、街には月餅であふれています。
最近では中のアンコにいろんなバリエーションがあり、洋風のアレンジを加えたものもあるようで、アイディアを競っていますが、月餅のみならずチョコレートも「便乗」していて、こんなラベルのKitKatのボックスを見つけました。思いっきり西洋文化のチョコレートですが、こういうラベルを纏うと独特の雰囲気を醸し出すものですね。

ところで、中国では「十五的月亮、十六的圓」と言う言葉があるそうで、要は「十五夜の月は明るく、十六夜のは丸い」とのことです。うーん、知らんかった。。。
十五夜の月が必ずしもまん丸ではないと言う理論的な説明は「こよみのページ」と言うサイトに詳しく載っていますので、興味のある方はゼヒどーぞ!

| | コメント (1) | トラックバック (2)

朝ドラ最終回

半年間見てきたNHKの朝ドラが今日一斉に最終回。3本それぞれに楽しませてもらいましたが、最終回にあたりちょいと感想をば・・・。

「天花」は最初はまじめに見ていたのですが、中だるみの時期に見なくなってしまいました。でも、ココに来てちょっと復活。しばらく見ていないうちにいろんなカップルができていたのね・・・。
今日の藤沢エマちゃん、髪形がころころ変わってましたね。時間の経過を表現したかったんでしょうが、ちょっとおばさんぽかったぞ。
稲づくりと子供・・・と言うテーマだったそうですが、いきなり、農家を改造しての保育園とは無理やりこじつけ~と言う感じでしたね。
ところで、片平なぎささんが演じる天花のお母さん、最後は孫ができておばあちゃん役でしたが、実際の彼女はまだ独身だっけ??

「澪つくし」は半年間しっかり楽しませてもらいました。今日の最終回は回想シーンがほとんどでしたが、昨日の放送では懐かしいメンバー総出演と言った感じで、実質の最終回だったようですね。
しかし、いろんな不幸が次々と起こるドラマだったなぁ・・・。舞台が醤油やさんと言うどちらかと言うと地味な設定にもかかわらず、時代背景を忠実に反映させていて話のテンポがよく、常に続きが楽しみになる展開でした。
沢口靖子さんはこのドラマが実質的なデビューだそうで、初々しくてかわいかったし、友人・高橋珠美子さんの若き日のお姿も見られたし、高師美雪さんというステキな女優さんの存在も知ったし、実に楽しめるドラマでした。

「ちゅらさん」も半年間、見続けました。「明るく楽しく」の前半に比べて、最後になっていろいろと不幸が降りかかってしまいましたが、最後はハッピーエンドとなりました。
今日の最終回では総ての出演者が「えりー」との思い出や関わりを披露すると言うカタチで半年間のストーリーを回想すると言う、なかなかおもしろい手法がとられていました。
とにかくこのドラマ、見ているものに元気を与えてくれる・・・と言う朝ドラの原点が最初から最後まで貫かれていましたし、「えりー」を演じていた国仲涼子さんのキャラがすべて・・・と言ったドラマだったと思います。
そういえば、このドラマでも思わぬカップルが続々誕生してましたね。一風館という特殊キャラクター満載の設定がこのドラマの舞台として重要なファクターでした。

さて、来週からは「わかば」・「あぐり」・「ええにょぼ」の3本立て!
どれが面白いのかなぁ・・・
個人的には「さくら」をやってほしかったなぁ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004/09/23

消えたDVD

先週末から日本の友人たちがたくさん広州を訪れてくれて、こちらで久しぶりの再会を果たしました。
日ごろ宿舎と会社だけを往復をしていると、どこに住んでるのかもわからなくなってしまうこともあるのですが、こうして日本からのゲストといっしょに改めて広州の街歩きをすると結構新鮮に感じるものです。
  
でも、広州はいわゆる「観光地」と呼べるところがほとんどありません。で、日曜日に皆さんをご案内したのはガイドブックに載っていないところばかり。。。(笑)
まずはココの読者の皆様にはおなじみの「一徳路の玩具問屋市場」、そして「老鼠街の雑貨市場」、「中華広場のジャスコ」、最後に「広州電脳城のDVD」・・・と、一日中お買い物コースとなってしまいました。
皆さんそれぞれの場所で思い思いにお買い物を楽しまれていたようで、おもちゃや衣料品、映画やテレビドラマのDVDをゲットされ、至極ご満足の様子でした。
  
そして、おととい(21日)に、再度DVDを探しに行った友人が曰く、「DVD屋さんが消えた!」と。
何でも、お店によってはドアがかたく閉ざされ、またあるお店は跡形もなく消え去っていたりと、まさに忽然と消えていたと言うのです。
こんなに急になくなってしまうなんて・・・あれだけたくさん街中にあふれていたDVDが消えるなんて・・・と、いろいろ原因を考えてみたのですが、どうやら理由はこれみたいです。
  
广州将挙辧反盗版演唱会 挙報街頭盗版奨演唱会門票
  
要は盗版(海賊版)の販売に関する情報を地区の文化局などに通報して、その結果、販売業者を検挙することができたら、24日に広州の天河体育館で開催される「反盗版演唱会(コンサート)」のチケットを2枚くれる・・・というものです。
この通報受付期間が9月5日から20日とされていたので、検挙活動の開始にあわせていっせいに店をたたんだ・・・ということのようです。

確かに、盗版の問題は音楽業界の経営に非常に深刻な影響が出ているようで、台湾の大手音楽プロデュース会社も倒産の危機に瀕していると言うことを聞いたことがありますし、歌手自身の収入も大きく落ち込んでしまったと言うのも事実のようです。
WTO加盟以降も「コピー天国」と呼ばれている中国の実態はあまり変わっていないので、こうしたキャンペーンなどを地道に打っていくしかないのでしょうね。
  
でも、このキャンペーンやコンサートが終わってしまうとまたもとの状態に戻ってしまうような気がしますので、このイタチゴッコはどこまで続くんでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/09/18

友人来訪

そろそろ秋風が吹き出した広州です。
明日からの連休を利用して日本から友人が来てくれます。それも8人も!
こうして一人で異国に住んでいると友人や家族の来訪ほどうれしいものはありませんね。明日からの2日間は日常を脱却して、いっしょに旅行者気分で過ごしたいと思います。
8人中4人は広州がはじめての人なのですが、この町を気に入ってもらえるかなぁ・・・

| | コメント (9) | トラックバック (3)

2004/09/13

SOS(徐氏姐妹)

さぁ、皆様お待ちかね、中華アイドルネタですよー。
今日は「SOS」をご紹介。
彼女たちは台北生まれの3姉妹の次女(徐煕媛)+三女(徐煕娣)のユニットで、グループ名「SOS」の由来は「Sisters of Shiu=徐氏姐妹」の頭文字だそうです。ほかにも「ASOS」や「大S小S」といった名前でも知られていますし、一人づつの活動もあるようです。
1994年の歌手デビュー以来、もう10年がたち、その間日本でも売り出した時期があったようですが、大ブレイクとまでは行かず、台湾でのTVドラマなどに出演していました。
中国ではほとんど知名度がなかった彼女たちですが、この夏から「鮮の毎日C」と言う清涼飲料水のイメージキャラクターに起用されてから街中に彼女たちの姿があふれるようになりました。
sos2.jpg sos1.jpg
左の画像は市内を走るラッピングバスで、広州市内だけでも結構な数があるようで、よく眼にします。
右はバス停に設置されている電飾広告で、これまた各バス停にあって、よく目立っています。
これを機に中国でも彼女たちの人気が出ることを期待したいものです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004/09/12

ADSL快調!

壊れたADSLモデム用の変圧器、ついに買ってきました!
広州にはパソコンショップが集まる「電脳城」と呼ばれるところがたくさんありますが、その中で「広州電脳城」に行って探してきました。
お店はそれぞれの得意分野を扱っているようで、パソコン本体ならパソコン本体、デジカメならデジカメ、記録媒体なら記録媒体・・・と、ありとあらゆるお店があります。
そして、「城」の中を一巡していると、ありました、変圧器専門店!
bianyaqi.jpgお店の老板(=ラオバン:社長とか大将とかいう意味ですね)に壊れた変圧器を見せると、「有(ヨウ)」と言って、たちどころに同じもの(出力DC5V,1Aの同じ性能のもの)を出してきてくれました。
そして、彼の言うままに25元を渡し、嬉々として帰ってきて、ADSLモデムにつないで久しぶりの快調なインターネットを楽しみました。
こちらのADSLは2Mそこそこしか出ませんが、さっきまで52kでシコシコつないでいたことを思えば、まさに雲泥の差。とにかく、いまのインターネットの各サイトはブロードバンドで見ることを前提としてるところが多いのですが、久しぶりのダイヤルアップの不自由さでその思いを強くしました。
いやぁ、快調♪快調♪~と思っていましたが、でも、待てよ・・・この変圧器、25元って350円もするんだなぁ・・・。チョット高くないか?そういえば、同じものが見つかった喜びで、1銭も値切らなかったぞ!(^^;;
うちの中国人スタッフにこの話をしたら「なぜ値切らなかったんだ!」と叱られるんだろうなぁ・・・
(画像は9ヶ月お世話になった、捨てられる直前の壊れた変圧器)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/11

食後のデザート2

朝は回線とココログサーバーの調子がいいようで、下の記事はさくっとアップできたので、こちらも調子に乗ってもう一本!
shuangpinai1.jpg shuangpinai2.jpg
さて、食後のデザートシリーズ(お、シリーズだったのか)、今回は自宅の近所にあるお店「文信」です。
ココは順徳料理のレストランなのですが、デザートの「双皮[女乃](牛乳プリン)」が有名で、24時間営業のお店ではデザートだけを食べるお客さんもいっぱい。
牛乳プリンはマカオに本店がある義順牛[女乃]公司が有名ですが、本家本元は広州のお隣、佛山市の順徳だそうです。
牛乳プリンには小豆入りや、蓮の実入り、レーズン入りなどのバージョンもあり、なんと燕の巣入りもメニューにありましたが、まずはシンプルな何も入ってないもの(6元=約80円)を注文しました。
ここのは濃い牛乳をふんだんに使っているためか、義順のものに比べて黄色がかっていて、お味も実に濃厚!甘みは義順より甘めでしたが、濃い牛乳によくマッチしています。
いやぁ、暑い広東では冷え冷えのデザートは食後の楽しみですねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日記更新遅延のお詫びと言い訳(^^;;

当ココログをご覧の皆様、がめきゅう社長でございます。
いつもこのサイトをご贔屓いただきましてありがとうございます。

最近、不本意ながら副業(笑)のほうが忙しく、本業である「がめきゅう社長」としての活動が滞りがちで日記の更新頻度が大きく落ちてしまいました。
こんな状態でも毎日お越しいただいている方も多くいらっしゃるようで、皆様から「日記から週記になったのか・・・」とお叱りのメールをいただくことが多くなっております。
ココに謹んでお詫び申し上げます!

で、こんな状態に輪をかけるように、2週間ほど前からADSLモデム用の変圧器が壊れてしまい、インターネットの環境が大きく悪化してしまいました。
ある晩ネットしていると、とつぜん「ブチッ!」と言う音とともにADSLモデムが作動しなくなり、変圧器をはずして振ってみると中で「カランカラン」と言う音が・・・。モデム本体は無事みたいなので、変圧器だけを買おうといろいろ探しているのですが、変圧器だけの別売りがなくて今日に至っています。
仕方なくダイヤルアップの世界に戻っているのですが、接続速度は最大で52kくらい、遅いときは30kくらいしかでず、重いサイトには3回に1回くらいしかつながらず、不便でしょうがありません・・・。
特にこのココログ、画面が重いところにもってきて、記事の登録には全部で5枚くらいの画面が変わるので、そのどこかでタイムアウトになってしまい、「戻る」ボタンを押すとそこにはすっかり真っ白状態になってしまった入力画面が・・・。で、イヤになって諦めてしまうのであります。
ま、都度都度コピーをとっておかない私が悪いのではありますが、前回の「辛い弁当」の記事は2日がかりでアップしました。
今日こそは街中を探して変圧器をゲットしてくるつもりですので、ADSL復活の暁には毎日記事の嵐・・・と行きたいところです・・・。そううまくいくかな?
又新たな「言い訳」を考えてたりして。(笑)
  
さぁて、この記事はうまくアップできるかな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/09/04

「辛い弁当」タイトルマッチ

広州市内ではあるのですが8月中旬からオフィスの場所が変わり、周りに食事を取る場所がないためにお昼ごはんは事務所に配達される弁当を食べることが多くなりました。
白い発泡スチロール製のパックにおかずやご飯が入っていて、いまでは全国どこでもこういった宅配弁当が普及してきました。
シンセンに長期出張をされている岸上さんのサイトでは「深圳弁當紀行」と言うコーナーがあって、毎日の弁当を紹介しておられますが、バラエティの豊富さには驚かされます。さすがシンセン!
  
さて、我が事務所に来ている弁当屋さんは、50種類くらいのおかずの中から1つを選択するシステムになっているのですが、今週は「辛いおかずシリーズ」に挑戦してみました。せっかくですからこれらのメニューの評価をしてみましょう!

まずは「魚香肉糸」(イーシャンロースー)。[写真左上]
辛いおかずの中では甘酸っぱめの味付けで、少しだけとろみがあり、昔から大好きなおかずなのですが、この日の弁当のはとろみがなくてさらさら状態。。。
味は悪くないのですが、「とろみなし」が減点対象で評価は「B」。

続いておなじみの「麻婆豆腐」(マーボードウフ)。[写真右上]
絹ごし豆腐にひき肉の入ったとろみのある辛~いソース・・・と言うのを想像していたのですが、豆腐はなんと揚げ豆腐!そして、今日もとろみがなくてさらさら状態。さらには山椒が入りすぎてて口の中しびれまくり、食べ終わった頃には汗だく!・・・ということで、減点ポイントが3つもあるので評価は「C」。
biandang1.jpg biantang2.jpg
biantang3.jpg biantang4.jpg
さて、「とろみモノ」に続けて裏切られたので、今度は「回鍋肉」(ホイコーロウ)。[写真左下]
この料理の豚肉はバラ肉を使うので、もともと脂身の部分が多いのですが、この弁当の肉は脂身オンリー!食べても食べても脂身&脂身!さすがのワタシもおかずを残してしまいました。・・・ということで、完食できなかったので評価は「C」。

最後は「家常豆腐」(ジィァチャンドウフ)。[写真右下]
この料理に使う豆腐は揚げ豆腐で、マーボードウフと異なり山椒は使いません。そしてとろみもつけないので、すなわち、先日のマーボードウフの山椒抜きのパターンです。
見た目がマーボードウフとおんなじだったので、期待せずに食べ始めたのですが、・・・お、これはウマイ!
味付けもよく、適度に辛く、実に食が進みます。・・・結局すっかり平らげて満足したので、評価は「A」。

以上、辛いおかずの弁当シリーズ・タイトルマッチは「家常豆腐」の勝ちとなりました。
いろいろ文句を並べましたが、パックに山盛りのおかずとこれまたあふれるほど入っているご飯。それに日替わりのスープがついて、アツアツの状態で配達されてくるのですから贅沢は言えませんね。それに一食5元(約70円)なのですから!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »