« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004/10/24

台風・・・地震・・・

新潟での地震のニュース、中国に住んでいても非常に気になるニュースです。
直下型で浅い震源だと地震の規模以上に大きな被害が出るんだそうですね。
被害に遭われたかたがたには心よりお見舞い申し上げたいと思います。
  
しかし、今年は台風の上陸新記録だったり、浅間山は噴火したり、ココに来て大きな地震・・・まさに天変地異が日本を襲っている感があります。
そんな中、公共交通機関である鉄道や航空機の運行に携わっている関係者の方々は本当にご苦労だと思います。
あいつぐ台風でも、鉄道・航空機とも乗客に一人の怪我人も出すことなく乗り切りましたし、今回の地震でも200キロ以上で走っていた新幹線が脱線こそすれ乗客に怪我ひとつ負わせることなく停車したこと、一歩間違えば大惨事になっていたわけで、改めて新幹線の安全性を認識しました。
そして、上越新幹線の不通により首都圏との交通手段確保のため、今日の夕方からJALとANAの羽田~新潟間臨時便が飛ぶのですね。この臨機応変の対応にもホントに頭が下がります。
天変地異なんかに負けるな!ニッポン!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

出張のフライト(その3)

1週間の出張のラストフライトは北京~広州。
この路線は数ある中国国内線の中でも「幹線」と呼べる路線でしょう。
予約していたのは17:05発のCZ3112便だったので、チョット早めに空港に行って、チェックインを済ませたらヒコーキでも眺めながらお茶でも・・・と思って15:45ごろカウンターに航空券を差し出すと、このフライトはなんと4時間遅れとのこと。17:05の4時間遅れと言うことは出発は21時すぎ、広州に着いたら24時を回ってしまいます。困っていると、カウンター小姐曰く「いまなら16:05のフライト(CZ3106)に数席空きがあるので、振り替えることができる・・・」と。
迷わずそのフライトに変えてもらい、スポットに急ぎました。
中国南方航空(CZ)の国内線は「第1航站楼(第一ターミナル)」と呼ばれるところから発着していますが、第2ターミナルがオープンして以来改修中だった古いターミナルがつい先日リニューアルオープンしたばかりです。
こちらは南方航空専用なのでお客さんもまばらで、中国の空港ではいつも大渋滞している安全検査の行列もなく、スムーズに通過することができました。
リニューアルオープンとはいえ、基本的には以前の施設をそのまま使っているので、丸い待合室から八方に伸びたボーディングブリッジの構造はまったく変わっておらず、15年前に駐在していたときの頃を思い出します。
で、ぐるっと見渡して案内を探すと・・・広州行きのフライト番号がない!あらためて搭乗券を見直してみると、搭乗口は1階のバスゲートではないですか!
あわてて来た道を戻ってバスゲートへにおりるエスカレーターへ・・・と、メガホンを持ったお姉さんが「広州!広州!」と叫んでいました。
バスでヒコーキまで運ばれると、さすがに次に便の客を前倒しで乗せているだけあって超満席。座席の指定もメチャメチャで自由席状態。お姉さんに指定されて座った席のとなりはアラブ系の超大型のオッサンで、ワタシは通路に半分はみ出して座る羽目になり、斜に構えた格好での3時間はつらいものがありました。それでも機内食はしっかり食べ、20時前宵闇迫る広州白雲空港に到着しました。
pekcan1.jpg pekcan2.jpg
今日の機内食・・・牛肉麺(うまかった!)、きゅうりの酢の物(これもうまかった!)、カップケーキ(予想以上にうまかった!!)、なつめの砂糖漬け(食わなかった)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/10/20

出張のフライト(その2)

さて、大連の後は天津へ。
tianjin2.jpg大連から天津は渤海湾を隔てているので、陸路で移動するとぐるっと大回りになるのですが、ヒコーキは直線距離で400キロ、わずか40分のフライトです。

乗ったフライトは大連発天津経由昆明行きで、中国東方航空雲南公司が運行しています。元々雲南航空という会社だったのですが、中国の航空会社再編成により、上海をベースとする東方航空と合併しました。
飛行機の機体もすっかり東方航空の機体色に塗り替えられ、フライト番号は東方航空と同じ「MU」を冠しているのですが、運行や管理などは旧雲南航空の面影を残しています。
tianjin1.jpgこのフライト、たった40分にもかかわらず、キャビンアテンダント全員が通路に並んできちんと挨拶をし、おしぼりやドリンクのサービスもあり、大変好感の持てる機内サービスでした。
そのキャビンアテンダントの笑顔がステキだったので思わずパチリ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/10/19

出張のフライト(その1)

今週は出張に出ています。
まずは月曜日の朝大連に入りました。広州から大連まではちょうど3時間。なかなか乗りでのあるフライトです。
成田から大連まで3時間5分ですから、ほとんどおんなじなんですね・・・
  
さて、朝の機内食はご飯ものと餃子の選択制でしたので、ワタシは水餃子を選択しました。この写真では良くわからないかもしれませんが、右上のおかずは茹でピーナツ。他にザーサイと、ロールパン、デザートのチョコレートがついています。水餃子はちゃんと温かくて、なかなかおいしかったです。
dalian1.jpg dalian3.jpg
食事の後は映画を一本。でも、イヤホンの調子が悪かったので聞き取れず、いつのまにか寝てしまい・・・暫くして目を覚ますと機内のモニターでは「欽ちゃんの仮想大賞」をやってました。
大連に到着して、飛行機の後ろのドアからタラップに降りると、ひんやりとして気持のいい風。そして、なんといっても空気がキレイ!やっぱり広州の空気は汚いよなぁ・・・と実感したのでした。
dalian2.jpg
バスで到着したターミナルビルの前で、山東航空のCRJ-200が出発するところでしたが、なかなかスマートな機体だったのでパチリ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/17

スパムメール1000通

スパムメール(迷惑メール)に関してはいろいろ規制もできてきましたし、それをブロックするソフトや、プロバイダーのほうでフィルターをかけて篩ったり・・・と対応も進んではきましたが、それでもまだまだ着々と入ってきます。
ニフティのメールでは「迷惑メールフィルター」と言うサービスがあって、迷惑メールと判断されたメールは「迷惑メールボックス」に振りわけられるようになっているので、毎日一回それを消してきたのですが、一体どのくらいの迷惑メールが来るものかを確かめてみようと、迷惑メールボックスが1000通になるまでの日数を計ってみました。
で、基準にした1通目が9月24日の09:24、1000通目は10月16日の23:44と言う結果になり、約23日間かかりました。分数に換算すると、32530分ですので、平均すると約30分に一通と言うことになります。
うーん、意外と少ないのね・・・もっとたくさん来ているような気がしてましたが・・・。多い人になると一日で200通と言う方もおられるようですからまだマシなのかもしれません。

しかし、いつも思うのですが、この手のメールを見て商品を買ったり、サービスを申しこむ人は多いんでしょうかね。ひたすらメールを消す作業をしているたびに、なんと非生産的なことよのぉ・・・と思い、むなしくなっちゃうんですけど。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/10/15

今日は鉄道記念日・・・

お、10月14日といえば、鉄道記念日ではないですか・・・
新橋~横浜間に日本で初めての鉄道が開通したのを記念して制定され、こないだの3連休には全国でいろんなイベントが企画されていたようですが、台風でずいぶん中止になってしまったようですね。。。
  
さて、日本、とくに首都圏などの都市部に住んでいると、毎日の通勤や休日のお出かけなど、乗らない日はないほど鉄道は身近な存在ですが、広州に来てからと言うもの、鉄道にはめったに乗りません。
もちろん街には地下鉄も走っていますが私の家の近くに駅はなく、広州から全国に伸びる鉄道網もありますが、主に長距離列車が主体で、毎日の生活に鉄道を使う・・・といった感じではありません。
広州からシンセンや香港を結ぶ特急列車はずいぶん改善され、スピードも向上しましたが、ここ中国では列車に乗ることを楽しむといった列車はまだ走っていませんね。
秋の空を眺めていると、久しぶりにのんびりと列車に乗ることを目的にした「たび」をしてみたくなりました。
今日で連続出勤7日目・・・あと一日でようやく土曜日。ツ・カ・レ・タ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/11

8日連続出勤

7連休の後の8連続出勤・・・今日はその3日目でした。日本は3連休のなかびなので、日本からの電話やメールはなく、平和な一日。
夕方は日本からの出張者と広東料理の夕食ですっかり上機嫌。
で、23:15からの「あぐり」に間に合うように・・・とそそくさと家に帰ってきたのですが、おや?スポーツニュースをやっている・・・それも青山祐子アナウンサーが出てるぞ??・・・と、ここで、ようやく今日が日曜日だったことに気が付きました。
あー、ということは、明日からしっかり5日働かなきゃいかんのね。(涙)
日本は明日も休みかぁ・・・ブツブツ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/07

朝ドラ3本立て

さぁて、国慶節の7連休も今日でオシマイ。
広州はこの7日間ほんとにいいお天気だったので、毎日洗濯したり、食事を作ったりと専業主婦のような生活をしてきましたが、この1週間の楽しみだったのは新たに始まった朝ドラ3本立て。
それぞれ今日で10回目を迎えていますが、これまでのところの素朴な感想などを・・・。
  
まずは「わかば」
ヒロインの若葉ちゃんはとにかく元気で、朝ドラにぴったり。メチャ美人でないところも好感。(失礼>原田夏希ちゃん)
若葉は阪神大震災で父を失い、父との約束を果たすべく神戸に戻って造園業を目指すとの設定ですが、前作の「天花」と負けず劣らずジミ路線。
でも、繰り返しますが、ヒロインの明るさは特筆モノで、ドラマとしては期待したいところです。
また、舞台になっている日南の飫肥と言う街は、落ち着いたいいところですね。これからメインの舞台は神戸に移るようですが、今後もしばしば登場してほしいものです。
お母さん役の田中裕子さんも、おしんからすっかり変わってますし(アタリマエだな)、おじ役の西郷輝彦さんがすっかりおやぢになってなかなかいい味出してます。さすがに九州弁うまいし!
これからどんな展開をしていくのかわかりませんが、元気な若葉ちゃん見たさに毎朝見ていくことになるんでしょう。

続いて「あぐり」
本放送は平成9年とのことですから、7年ぶりの再放送ですが、ワタシは初めて見るドラマです。
明治末期から大正、昭和の激動期に生きた、吉行和子さん、吉行淳之介さんのお母さんである吉行あぐりさんの半生記なんだそうですね。ヒロインの田中美里さんは最近では「冬のソナタ」などで主演しているチェ・ジウさんの吹き替えをやってるとか。
さて、ストーリー的にはいきなりヒロインあぐりの父親、姉さん2人が死んでしまうという激しい展開で、時代背景の動きとともに、これからもあぐり自身に次々と大きな出来事が起こっていくという展開の大きなドラマのようです。時代設定といい、事件が次々起こるところなど、ある意味「澪つくし」に似ているかもしれませんが、ヒロインのキャラ的にはちゅらさん系ですけどね。

そして「ええにょぼ」
こちらの本放送は平成5年ですからすでに11年が経っていますが、これまた初めて見るドラマ。戸田菜穂ちゃんって知らなかった・・・。
舞台は京都の日本海に面した伊根と言うところで、学校のある神戸も出てきますが、「わかば」と違いこちらは震災前。この放送時点ではこんな震災が神戸を襲うなどと誰が想像しえたでしょう。
さて、このドラマではヒロインの悠季が女医として成長していく姿を描くようで、ちゅらさんの看護婦とラップしそう。。。
  
今回の3本のドラマの舞台は、「わかば」が宮崎(日南)と神戸、「あぐり」が岡山(津山)、「ええにょぼ」が京都(伊根)と神戸、と言うように全部西日本と偏っていて、この3本がこんがらがる要因になっています。

そういえば、朝ドラ出演者の共通点もおもしろいですね。
前回は加賀まり子さんのように「澪つくし」と「天花」でダブルヘッダー出演がありましたが、「澪つくし」に吉武家の筆頭で出ていた織本順吉さんが「わかば」のおじいさん役だったり、「ちゅらさん」で一風館の管理人、丹阿弥谷津子さんが「ええにょぼ」のおばあさんだったり、「澪つくし」では沢口靖子さんのダンナ役、柴田恭兵さんが「ええにょぼ」にも出ていたり・・・とややこしくなっています。

ということで、今回の3本、前回の3本と含めていろんな絡みがあってすっかり混乱してる今日この頃。(笑)
来年3月まで見続けるのはさてどれでしょうか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/10/05

コメント機能に障害

7連休5日目の広州です。秋晴れのいいお天気。
さて、ココログのトップページにこんなお知らせが・・・

2004年10月1日 15:02 ~10月4日 11:28 の間、コメント機能に障害が発生しておりました。 「新規コメントをメールで通知」する機能を設定しているココログにコメントしようとすると、「エラーが発生しました」と表示され、コメントができない障害が発生していました。 現在は復旧しております。 ご利用のお客様には大変ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

おお、道理で。
この間にいくつかのココログにコメントを書いたのですが、今日になって見たら消えている・・・。そりゃー、たいしたことを書いたわけではないですが、それなりの時間をかけて書き込んでるわけで、こうやって跡形もなく消えてしまって、このお詫び文書だけかぁ???
  
というわけで、この間にコメントを書いていただいた方のコメントが消えてしまってる可能性があります。もし該当の方がいらっしゃいましたら、ぜひとももう一度コメントしてくださいませー!
ニフティになりかわりお詫び申し上げますんで・・・
  
この障害に関するネタで記事にしておられる方も多いようなので、ココログルで検索して一通り巡回してみると、意外とニフティに対する厳しい意見は少なく、大人の対応をしておられる方が多いように思いました。中にはスタッフに対する理解やねぎらいを書いておられる方もおられ、チョットびっくり。
ニフティのメンバーは昔のパソコン通信時代からずっと延長でメンバーになっている方も多いようで、ほかのプロバイダに比べて比較的年齢層が高いからなんでしょうかね。

ところで、今日50000アクセスに到達してました。
もし、踏まれた方がいらっしゃいましたら、ゼヒお知らせくださいね。
これからもよろしくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/04

楽しいクッキング♪(番茄炒蛋)

7連休も今日が中日(なかび)。お天気もいいのにどこにも行かずゴロゴロしているのももったいないので、きょうはクッキングに挑戦してみました。
さて、トマトが好き・・・と言うことは先日書きましたが、さすがに皮を剥いて食べるだけでは飽き足らなくなってきたので、中国では家庭料理のひとつである「番茄炒蛋(トマト卵炒め)」を作ってみました。
材料はまさにトマトと卵のみ!ネットで見つけたレシピには卵3個とトマト3個となっていましたが、チョット小さ目の卵だったので、5個を使用しました。
卵は割りほぐして、軽く塩で下味をつけます。トマトはいつものように湯剥きして、一個を6分割してひと口サイズにします。
fanqiechaodan1.jpgfanqiechaodan2.jpg
fanqiechaodan3.jpgfanqiechaodan4.jpg
フライパンを十分温めてから油を入れて温め、そこに卵を入れて軽く炒め、火が通ったら一旦フライパンから出します。空いたフライパンに再度油を入れてトマトを形が崩れないように火を通したら、卵と絡めて炒めます。トマトから水分が出てくるので、強火で手早く炒めて水分を飛ばし、最後に醤油で味付けて完成!
fanqiechaodan5.jpgこの料理はいつも昼食などでおなじみのおかずで、お店によってずいぶん味が違うのですが、初めて自分で作ったものも、見栄えはあまりよくないですが十分ウマイではないですか!うーん、ご飯が進む進む!
日ごろは時間に追われて料理をしようなどと言う余裕がないのですが、いい気分転換になりました。
で、材料代は。。。
トマト3個=1.10元(約15円)
たまご5個=2.75元(約38円)
しかし、一人でたまご5個は食べすぎだったかなぁ・・・

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2004/10/03

人民元ニセ札横行

中国の通貨、人民元(中国語では人民幣=RENMINBI)のお札は、100元から1元まで全部毛沢東の肖像画が描かれている同じようなデザインで、100元が赤、50元が緑、20元が茶色、10元が青、5元が紫、1元が草色(1元はつい最近発行された)・・・と、色と大きさで区別されており、ひとつの色がベースとなって印刷されています。yiyuan2.jpg
で、最近、ニセ札がたくさん出回っていて社会問題になっています。
このニセ札ですが、大体がカラーコピーのようなもので作られていて、印刷がずれていたり、紙質がまったく違っていたり、紙幣の中央に入っている金属のリボンも入っておらず・・・と、とても粗悪なものなのですが、夜やタクシーのおつりでもらったりするとなかなか気が付かないようです。
幸い私はいまだにニセ札をつかまされたことはないのですが、周りの複数の人がニセ札の被害にあっています。
renminbi.jpg銀行には「愛護人民幣杜絶假幣(人民幣を守り、ニセ札を根絶しましょう!)」とのスローガンが書いてありますが、ここではニセ札をつかまされて銀行に持っていっても没収されるだけで、正規のお金に換えてはくれませんし、お店でニセ札を使って、それがバレると警察に通報されてしまいます。したがって、ババを引いた人々は何とかして暗闇や夜のタクシーなどで再度使おうとします。そしてニセ札が何度か流通するうち、ぼろぼろになった暁には完全に同化してしまう・・・と言うことのようです。
100元はもちろん、50元や20元のニセ札が多いようですが、5元のニセ札もあるようで、製作コストのほうがかかるのではないか・・・と要らぬ心配をしてしまうのですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

列車レストラン

今日は旧外国人居留区である沙面地区にある「列車レストラン」で食事してきました。
ここの前を通るたびに古い客車が置いてあるのを見て、どうもその中で食事ができるらしい・・・と、以前から気になっていたのですが、今まで行く機会がなく今日ようやく実現しました。
お店の名前は、ずばり「車站」で、駅と言う意味ですね。
客車は製造から30年くらいは経っていると思われる車両で、車体にPULLMANと表記がありましたので、元は寝台車だったのでしょうか。
チョット暗くて見えないと思いますが、レールもちゃんと敷いてあり、台車もそのままです。
shamian1.jpg shamian2.jpg
車内はすっかりレストランに改装されていて、お店は結構な繁盛振りで、国慶節の休日と言うこともあって多くの家族連れが食事していました。
窓外を行きかう車の列を眺めつつ、夜行列車の食堂車でのんびり食事・・・と言う雰囲気が味わえるところでした。
帰りがけに気が付いたのですが、メニューに「誕生日のお客様にはケーキプレゼント・・・」とのこと。しかし、何か証明するものを提示しなければならないとのことで、残念ながらありつくことができませんでした。また来年!(笑)

店名:車站西餐酒廊
場所:広州市沙面北街1号之一
電話:020-81218882

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2004/10/02

新幹線40周年

NHKのニュースで東海道新幹線40周年の記念式典を報道していましたね。
もう40年かぁ・・・開業の日のニュース、今でもはっきり覚えてます。
しかし、40年と一口に言っても、この間乗客の人身事故ゼロと言う記録が続いていることはものすごいことだと思います。
延べ走行距離15億キロと聞いても、地球を3万7500周と聞いてもあまりピンときませんが、とにかく毎朝6時から夜0時前まで列車が休みなく安全に走り続けてきたと言うことは、システムとしての完璧さと、その運行を支えてきた人の力が調和してこそなしえた快挙だと思います。
来年はいよいよ台湾でも新幹線が走り出すことになっていますし、もしかすると将来は中国でも・・・??

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2004/10/01

7連休前夜

10月1日の国慶節は中国の建国記念日。1日から3日間のお休みとなります。
今回は1日が金曜日に当たるため、土・日の振替によって10月1日から7日までの7連休となり、休み明けの9日と10日は出勤扱いとなります。
今日は7連休の前夜でなんとなくお正月前の大晦日のような開放感あふれる夜です。
暑かった広州も秋風が吹いてきて、気持ちのいい季節の到来。この連休はゆっくり街歩きでもしてみようかな。
いや、とりあえずたまった洗濯をしなければ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »