« 人民元ニセ札横行 | トップページ | コメント機能に障害 »

2004/10/04

楽しいクッキング♪(番茄炒蛋)

7連休も今日が中日(なかび)。お天気もいいのにどこにも行かずゴロゴロしているのももったいないので、きょうはクッキングに挑戦してみました。
さて、トマトが好き・・・と言うことは先日書きましたが、さすがに皮を剥いて食べるだけでは飽き足らなくなってきたので、中国では家庭料理のひとつである「番茄炒蛋(トマト卵炒め)」を作ってみました。
材料はまさにトマトと卵のみ!ネットで見つけたレシピには卵3個とトマト3個となっていましたが、チョット小さ目の卵だったので、5個を使用しました。
卵は割りほぐして、軽く塩で下味をつけます。トマトはいつものように湯剥きして、一個を6分割してひと口サイズにします。
fanqiechaodan1.jpgfanqiechaodan2.jpg
fanqiechaodan3.jpgfanqiechaodan4.jpg
フライパンを十分温めてから油を入れて温め、そこに卵を入れて軽く炒め、火が通ったら一旦フライパンから出します。空いたフライパンに再度油を入れてトマトを形が崩れないように火を通したら、卵と絡めて炒めます。トマトから水分が出てくるので、強火で手早く炒めて水分を飛ばし、最後に醤油で味付けて完成!
fanqiechaodan5.jpgこの料理はいつも昼食などでおなじみのおかずで、お店によってずいぶん味が違うのですが、初めて自分で作ったものも、見栄えはあまりよくないですが十分ウマイではないですか!うーん、ご飯が進む進む!
日ごろは時間に追われて料理をしようなどと言う余裕がないのですが、いい気分転換になりました。
で、材料代は。。。
トマト3個=1.10元(約15円)
たまご5個=2.75元(約38円)
しかし、一人でたまご5個は食べすぎだったかなぁ・・・

|

« 人民元ニセ札横行 | トップページ | コメント機能に障害 »

コメント

テルヤさま:
  
トラックバックありがとうございました。
「トマトたまご」で検索をかけると結構いろんなサイトでさまざまなレシピが紹介されているようですね。
中国でお店に入ってこのメニューをオーダーすると、「番茄炒蛋」とか「西紅柿鶏蛋」とか「木須番茄」とかいろんな呼び方をされていますし、味もお店によってまちまちですよね。
でも、このメニューは中国の南北にかかわらず食べられているようですから、中国では珍しい全国区の食べ物みたいですね。

投稿: がめ@広州 | 2004/11/06 11:37

秘書さま:

>5個は食べすぎです。。。気持ち悪くならないですか?
気持ち悪くはなりませんでしたが、やっぱり5個は食べすぎでしたねー。
同様のご批判・ご叱責はメールでも何通もいただきました。
ご心配いただきました皆様、ありがとうございました!
  
テルヤさま:

ほう、トマト炒めるときに砂糖入れるんですかぁ?隠し味にいいですね。
広州もだんだん涼しくなってきて、「夏トマト」ももうすぐおしまいですね。
冬になったら、今度はホウレンソウがおいしい季節になりますね。これも楽しみ!!

投稿: がめ@広州 | 2004/10/17 02:14

私も大好物ですトマト玉子!でよく作りますー。
家は醤油は少なめでオイスターがメイン調味料です。
あとトマトを炒める時に砂糖をいれます。
美味しいですよねー。

投稿: テルヤ | 2004/10/08 22:05

わたしは卵は一個しか入れません。
5個は食べすぎです。。。気持ち悪くならないですか?

投稿: 秘書 | 2004/10/08 14:32

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 楽しいクッキング♪(番茄炒蛋):

» 中華レシピ:我が家のトマト玉子 [中国days ココチャイナ]
こちらで見てどーしても食べたくなって作ってしまいました〜。 家のレシピはこんな感じです。クセになりますよね! [続きを読む]

受信: 2004/10/29 22:39

« 人民元ニセ札横行 | トップページ | コメント機能に障害 »