« 出張のフライト(その1) | トップページ | 出張のフライト(その3) »

2004/10/20

出張のフライト(その2)

さて、大連の後は天津へ。
tianjin2.jpg大連から天津は渤海湾を隔てているので、陸路で移動するとぐるっと大回りになるのですが、ヒコーキは直線距離で400キロ、わずか40分のフライトです。

乗ったフライトは大連発天津経由昆明行きで、中国東方航空雲南公司が運行しています。元々雲南航空という会社だったのですが、中国の航空会社再編成により、上海をベースとする東方航空と合併しました。
飛行機の機体もすっかり東方航空の機体色に塗り替えられ、フライト番号は東方航空と同じ「MU」を冠しているのですが、運行や管理などは旧雲南航空の面影を残しています。
tianjin1.jpgこのフライト、たった40分にもかかわらず、キャビンアテンダント全員が通路に並んできちんと挨拶をし、おしぼりやドリンクのサービスもあり、大変好感の持てる機内サービスでした。
そのキャビンアテンダントの笑顔がステキだったので思わずパチリ!

|

« 出張のフライト(その1) | トップページ | 出張のフライト(その3) »

コメント

Qing Zuiさま:
そうなんですよ、かつての雲南航空は今は東方航空雲南公司って言うんですよ。
ブルー系の機体が多い中国の航空会社の中にあって、雲南航空の機体は鮮やかな緑色で目立ってましたよね。

> この空姐可愛いですね!
このCAさん、新人さんのようで「実習」というラスターをぶら下げていました。笑顔が初々しくていいですね。
中国のエアラインのCAさんも、お願いすればいっしょに写真におさまってくれますよ。
3年程前、山東航空のSAAB340型に乗ったとき、ステキなCAさんといっしょに写真を撮ってからと言うもの、しばらくクセになってました。(笑)

投稿: がめ@広州 | 2004/10/27 02:14

えーーー!雲南航空買収されちゃったんですか!ショックです。中国大陸で初めて乗った国内線が雲南航空で、結構思い入れがあったので。。。それにしても東方航空どんどんデカクなりますね。まぁ中国の中ではサービスいい方だから許せるけど。

この空姐可愛いですね!カメラ向けても平気でしたか?よく台湾人が大陸の飛行機で空姐を勝手に撮って、怒られる光景を目撃したことがあるのですが、、、

投稿: Qing Zui | 2004/10/23 14:04

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出張のフライト(その2):

« 出張のフライト(その1) | トップページ | 出張のフライト(その3) »