« 中国南方航空のA300 | トップページ | ブログのコメント »

2005/01/19

中台直行便

中国本土と台湾の間は、政治的な距離はともかく、民間レベルではどんどん近くなってきているようです。
その一例がこれ・・・

中台、直行チャーター便の運航で合意
中国本土と台湾の航空関係者は15日、マカオで協議を行い、春節(旧正月)の期間中、双方が直行チャーター便を運航することで合意に達した。中国本土の航空機が台湾に乗り入れるのは初めて。
発着地点は中国本土側が北京、上海、広州、台湾側は台北、高雄となっており、今月29日~来月20日に計48便を運航する。今回は香港で着陸せず、香港上空を飛行する方法でダイレクトに両地を結ぶ。これにより、所要時間は約2時間短縮されるという。
(The Daily NNA 【中国版】 1月17日付け記事から引用)

春節の期間中に限って2年前から運行されている本土と台湾を結ぶ直行チャーター便が今年も運行されるのですが、以前は一旦香港空港に着陸していたものが、今回からは香港の上空を通過するだけという方法になったようです。
それに、以前は台湾の航空会社が本土に乗り入れるという片乗り入れだったのですが、今回からは本土の航空会社が台湾に乗り入れる「相互乗り入れ」が実現するようで、このことは非常に大きな進歩だと言え、今後中台直行定期便の実現に向けての期待が高まります。

12月に広州から台北に行った際、香港での乗り換えに2時間以上がかかり、距離的には近いのに日本に行くよりも時間がかかっていたわけですが、直行便ができれば便利になるなぁ・・・。

|

« 中国南方航空のA300 | トップページ | ブログのコメント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16629/2624866

この記事へのトラックバック一覧です: 中台直行便:

« 中国南方航空のA300 | トップページ | ブログのコメント »