« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005/02/25

デジカメが・・・

突発な仕事で、マレーシアのクアラルンプールに1泊2日で行ってきました。
さて、今回のフライトはわけあってビジネスクラス!アップグレードでビジネスクラスの席をアサインされることは時々ありますが、ちゃんとお金を払ってのビジネスクラスは3年ぶりくらいかも・・・。
広州発15時、クアラ着19時のマレーシア航空MH377便の機材はエアバス330-300(レジ番号9M-MKH)。300人弱が乗れるヒコーキです。
050224a
4時間弱のフライトですが、昼食後の時間帯なのでメニューに曰く「Light meal」が出ましたが、これが結構なボリューム。
マレーシア名物の串焼き(鶏と羊の選択)に始まり、野菜サラダ、数種類のパン。メインは中華の海鮮炒め、日本式鶏肉照り焼き、豆腐料理(?)の3種類からの選択でしたので鶏を選択しました。醤油味の照り焼きがご飯の上に乗っかっててなかなか美味!
デザートはチョコレートケーキとコーヒーで、すっかり満腹になってしまいました。
050224b 050224c
050224d 050224e  
で、これらの画像をパソコンに取り込んでから、うつらうつら・・・そして、着陸を知らせるアナウンスで眼を覚ましたのですが、すっかりくつろいでいたのであわてて身支度をしているとほどなく着陸。
連日10℃そこそこで、とても南国とは思えない寒い広州から、一気に本物の南国34℃の世界に放り出されたので、体調がおかしくなりそうでした。

・・・とココまではよかったのですが、今日広州に帰ってきて荷物を片付けていると、わ!デジカメがない!
どうやら行きの機内に忘れてきてしまったようなのです。そーいえば、ヒコーキから降りるときに周りを確認しなかったなぁ・・・。
カメラのほかに、SDカードから予備のバッテリーまで含めると5~6万円相当になりますから買いなおすとなると痛い出費です。ということで、この記事のコーヒーの画像がこのカメラでの最後の画像と言うことになるかも。うう・・・

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005/02/20

広州に戻ってきました

2週間の日本滞在(笑)を終え、今日広州に戻ってきました。
日本では、いろいろと出来事もあったのですが、雑事に取り紛れ日記の更新がママなりませんでした。あは!(笑ってごまかす奴)
050220a今日のフライトは成田~広州直行のJL603便。
朝の成田第2ターミナルは連休でもないのになぜか大混雑で、空港に別送した荷物をとってチェックインカウンターに向かうだけで大渋滞!さらにヒコーキは沖止めでバスでの搭乗でした。はふー!
ヒコーキは毎度おなじみのB767-300(レジ番号JA605J)で、今日はエコノミー席にも個別のテレビがついた機種でした。
JAL中国線のB767は基本的にこのタイプが入るようですが、5日に成田に戻ったときのJL604便は古いタイプの機種で、スクリーンでのビデオ放送もやっておらず退屈でした。
今日は個人テレビで10数本の映画から選べるので、その中から三谷幸喜原作・脚本で去年映画化された「笑の大学」を楽しみながらのフライトでした。
この映画、出演者は役所広司と稲垣吾郎の2人だけで、ほとんどのシーンが検閲室の室内だけと言う設定ですが、2人の「男」の友情を描ききっており、コメディと言うよりも人間模様を描いた秀作ですね。おもしろかったです。
050220bさて、機内食は鶏釜飯をメインにしたものでしたが、最近の和風のご飯ものはハズレがありません。今日のもおいしかったです。
冬の西行き便は向かい風を考慮して夏よりも時間がかかるので、成田~広州は5時間10分の設定がなされていますが、今日はこの向かい風が激しかったようで、20分余分にかかってしまいました。
・・・ということで、広州に戻ってきましたが、しかし、さ・ぶ・い!
離陸直後の機内の放送で「気温4℃」と言っていたのを、聞きまちがいだろうと高をくくっていたのですが、到着した午後2時過ぎでもたったの7℃!
これでは、日本とあんまりかわらないぞ・・・カゼ引きそう~~

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005/02/10

全日空、広州へ

最近、ヒコーキねたが続いていますが、またひとつヒコーキの話題を。。。
全日空の広州線開設がようやく決定したようです。
全日空のサイトによると、開設は4月25日、成田~広州~成田の区間で、毎週月・木・金・土の週4往復、B767で運航されるようです。
すでに、予約も受け付けているようで、座席の指定画面も見ることができます。
この全日空の就航で、従来からの日本航空、中国南方航空、昨年11月から就航しているノースウエスト航空に加え、4つの航空会社の定期便が日本と広州の間を飛ぶようになります。
いよいよにぎやかになってくるなぁ・・・

| | コメント (6) | トラックバック (1)

MRIの恐怖

中国赴任直前に日本で健康診断をしましたが、この1年間一度も検診を受けることがなかったので、帰国を機にちょっとオプションをつけた人間ドックを受けてみました。
で、選んだオプションというのが「脳ドック」。痛くも痒くもないMRIで脳の病気を早期発見できるとあって、これは一度話の種に・・・と、メニューに加えてみました。
実はワタシ、いままでMRIのお世話になったことがなく、今回初めてだったのですが、このMRIと言う機械、「穴」にすっぽりと入るスタイルで、私にとって思わぬ落とし「穴」があったのです・・・。

ベッドのような台に身体を固定され、さらに眉毛の上あたりとあごの上に固定のベルトをつけられ、頭全体をカバーする面のようなものをかぶせられ、あの狭い穴の中に搬入されたとたん、急に激しい動悸に襲われたのです。
事前に検査時間は約1時間と聞かされていたので、同じ体勢で1時間はきついなぁ・・・と思ってはいたのですが、実際に穴に入っていきなりの動悸で、こりゃ1時間は耐えられないぞ・・・と、機械をバコバコたたいて検査技師に「ちょっとだしてくださーい!」と訴えました。
技師氏はすぐに気づいて一旦穴から出してくれて、2~3回深呼吸をするように促し、そして右手にナースコールボタンのような機能のゴムボールのようなものを渡され、「苦しく感じたら握ってください」とのこと。
「こういう人はたまにいるのですか?」とたずねたところ、同じような人は結構な数いるらしく、MRIに入って始めて自分が閉所恐怖症だったと言うことに気が付く人もいるとか。
こういうハナシを聞いてようやく気が楽になり、今度は眼をつむったまま機械に入って何とか1時間の検査を受けることができました。
でも、最後の10分くらいは、例のゴムボールをいつ押そうかいつ押そうかと言う状態で、機械から出てきたときは肩は凝るわ、汗だくになってるわで、まさに「ホウホウの体」と言う状態でした。

帰宅してネットでMRIと閉所恐怖症との関係を検索してみると。。。出てくる出てくる、結構MRIが苦手な方が多いのですね。恐怖体験談や、ある病院のサイトではMRIに恐怖を覚える患者に対する対応の仕方までいろいろ・・・。
また、あるサイトに曰く、MRIに恐怖ないし不安を覚える人は30人に1人はいるそうで、最新式のMRIは穴にすっぽり入るスタイルではなくオープン式と言うのが開発されてるんだそうです。これなら圧迫感なく検査を受けられそうです。

検査の結果、特に異常もないことがわかりましたが、穴式のMRIは今後避けたいアイテムのひとつになってしまいました。
皆さんはいかがですか?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/02/09

新年快樂!

今年はきょう2月9日が旧暦の1月1日。中国では春節と呼ばれる一年で一番の祝日です。中国をはじめアジアの各国ではこの旧暦での正月を祝うところが多いので、今日はこんなタイトルになりました。
去年の日記でも書きましたが、アジアの国の中で旧正月を祝う習慣が残っていないのは日本くらいではないのでしょうか?ワケのワカラン祝日を増やすくらいなら旧正月を祝日にすればいいのになぁ・・・と思うのはワタシだけ?
わけあって、ここ数日病院のハシゴ状態で、とても正月気分ではなかったのですが、今日でちょっと落ち着きました。
明日からは東京の本社に出社です。あー、通勤ラッシュに耐えられるかなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/06

台湾のヒコーキ、広州へ

先日も記事にした春節期間の中台直行チャーター便ですが、2月4日には台湾のヒコーキ(復興航空)がはじめて広州空港に降り立ち、今日(5日)には遠東航空のヒコーキが広州に飛んできました。
ワタシはちょうど15:10発の東京行きのJALに乗るべく広州空港の国際線出発サテライトにいたので、14:00発の遠東航空EF666便の出発風景をちょっくら取材してきました。

遠東航空EF666便の使用機材はボーイング757-200です。(写真左上)
出発ゲートの行き先表示のローマ字は国際的に使われている「Taipei」ではなく、中国のピンインでの「Taibei」と表示されています。(写真右上)
050205a 050205b
050205c 050205d
搭乗ゲート前には「歓迎返郷・春節愉快」の大きな看板が掲げられ春節気分を盛り上げています。(写真左下)
14:00、EF666便は台北に向けて、南方航空のヒコーキを横を出発していきました。(写真右下)
  
ということで、この便を見送ったあとJALで成田に向かい1年ぶりに日本に戻ってきました。
日本はさぶいなァ~

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/02/05

門みかんの季節

今年もいよいよ押し詰まり・・・と言う言葉がぴったりの季節になった広州です。
050204街中に春節を祝う赤い横断幕がはためき、大きな建物の前には門松ならぬ「門みかん」が飾られはじめました。
各家々でも準備に余念がなく、スーパーでは部屋の飾り付けを売るコーナーが設けられたり、「門みかん」を運ぶ車をいたるところで目にします。
今年の春節(旧正月)は2月9日。規定では11日まで3日間のお休みですが、今年は2月5日と6日の土・日が出勤扱いとなり、翌週の14日・15日と振り替えて7連休となります。
遠いところに帰る人は列車のチケット確保が一苦労。市内各所に設けられた臨時の発売所にはどこも長い列が続いています。

で、わたくしごとではありますが、明日から一時帰国することになりました。
ちょうど一年ぶりの帰国ですので年甲斐もなくワクワクしています。
しかし、日本はずいぶん寒いみたいですねぇ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »