祖廟の正門です。
お寺自体は宋代に建立されたそうですが、現在の建物は明代の再建だそうです。
佛山市博物館の看板も掲げられており、中には佛山に古くから伝わるお祭りの資料などが数多く展示されています。各お祭りはこの祖廟を中心にした地域で行われているようです。
手前に写ってるのは旅の同行者の一人、衛さん。